エラリアン:アクティブ投資が有利な世界へ

独Allianz首席経済アドバイザーMohamed El-Erian氏は、アクティブ投資が有利な時代がやってきたと話している。
ほとんどの資産価格が右肩上がりを続ける時代は終わり、資産クラスごとにパフォーマンスに差の出る市場環境に変化しているという。


アクティブ投資がパッシブ投資より有利な世界へと変わるだろう。

エラリアン氏がBloomberg番組で語った。
FRBが金融政策正常化を進め、ECBも着手に意欲を見せる中、世界の金融環境には変調が見られている。
エラリアン氏は、世界の市場で流動性の収縮が始まっており、今後も続くと考えている。
現実に、異なる市場セグメントごとのパフォーマンスに大きなばらつきが出るようになっていると指摘する。
その最たるものが新興国市場だ。
エラリアン氏は、新興国ゆえの構造的問題を解説する。

「根づいた(資金)フローと国境越えのフローという構造的不均衡が存在する。
換言すれば、一元の旅人のような投資家が居住者を圧倒している。」


新興国は新興国ゆえにまだ国内の資本だけでは成長できない。
外資を導入し経済成長を図ることになるが、その外資マネーは先進国の都合、とりわけ金融政策や金融環境によって先進国と新興国の間を行き来する。
それが新興国の経済と市場を翻弄する。

「流動性の問題がない時には、新興国は大きくオーバーシュートする。
流動性の問題が起こると、テクニカル上の混乱が起こる。」

この構図は先進国から新興国へのキャリー・トレードを思い浮かべればいい。
つい最近まで先進国側の金融環境は緩和一色であり、リスク・オンであった。
だから、先進国から新興国へのキャリー・トレードがさかんだった。
しかし、先進国側で金融緩和が縮小を始めると、キャリー・トレードも巻き戻しが始まることになる。
これが新興国市場をアンダーシュートさせる。
新興国のファンダメンタルズに直接根差したものではないのに、アンダーシュートしてしまうのだ。

「これは、アクティブ投資を行っている投資家にはいいニュースだ。
安い価格で投資が可能になる。
しかし、パッシブ投資の投資家は悪影響を被ってしまう。」


 - 投資 ,