池尾和人

 

池尾和人教授:絶対的な能力という傲慢な前提

池尾和人 立正大学教授が、万能な政府を前提とする政策運営は慎むべきだと書いている。
人の心は予想も制御も難しく、安易に人々の期待の操作を試みて不安定化を招くリスクを冒すべきではないという。


現在の日本におけるマクロ経済政策の運営は、目先のことだけを考え、自分たちの任期の終わった後はどうなっても知らない(後任者の責任だ)という刹那主義に支配されているのではないとすれば、マクロ経済を政策を通じて制御する絶対的な能力が政府にはあるという前提に立ったものでしかないと思われる。

池尾教授が週刊エコノミストに書いている。
政策決定者のこの「前提」が成立しえないことは、異次元緩和が生んだ目覚ましいインフレ誘導効果が如実に実証している。
政府・日銀には「絶対的な能力」など存在しない。
教授はこの「前提」を「過信」と指摘し「ある種の傲慢に陥っているといわざるを得ない」と批判している。

ちなみに、この長い長い文では、読点の前の方がはるかに長くなっている。
池尾教授が日本の政治家の刹那主義を疑っていないとはとても信じられない。


マンデル・フレミングの法則

池尾教授の寄稿には、とても好感の持てるはっきりとした特徴がある。
それは、個々の論点について、その根拠となる経済モデルを明示した上で議論を進めている点だ。
例えば、マンデル・フレミング・モデルである。
かつてリフレ派の中にこのモデルを用い、「変動相場制下では財政政策は有効でないと論じる」人がいたと紹介する。
だから、金融政策だというわけだ。
これは、すでに莫大な財政赤字をかかえる政府にとっては渡りに舟のおとぎ話だった。

「財政政策は有効でない」とするマンデル・フレミングの法則は、金利上昇やクラウディング・アウトを想定していることからこうした結論に行き着く。
池尾教授は、同モデルにおいて金融政策のスタンスが貨幣供給量で定義している点を問題視し、これを現在の実態である金利コントロールに定義し直せば結論が変わると指摘する。
さらに教授は、概してマンデル・フレミング・モデルのような静学的モデルでは、金利一定なら財政政策が有効になると解説している。

(次ページ: 政策決定者たちの危うい火遊び)


ページ:  1 2

 - 国内経済, 政治 ,