【短信】ジェイミー・ダイモン:景気拡大はまだ2/3地点

JP MorganのJamie Dimon CEOが、トランプ政権による鉄鋼・アルミ関税の悪影響について懸念を示した。
それ以外の要因では米経済は好調だとし、銀行には「黄金時代がやってくる」と語っている。


「貿易摩擦はマイナスだ。
心理を悪化させるし、十分な検討がなされていないし、戦略的でもない。
貿易について文句をつけるのは正しいことだが、方法が違う。」

ダイモン氏の投資家向けコンファレンスでの発言をCNBCが短く伝えている。
貿易摩擦による経済への悪影響は、すでに最近の金融市場に表れているという。

一方、貿易摩擦を除けば、ダイモン氏は引き続き米経済に対して楽観的だ。
景気拡大サイクルにおける現在位置を2/3程度の地点とし、引き続き経済・市場が拡大を続けると示唆した。
さらに、銀行には黄金時代が訪れると話したという。
緩やかな金利上昇が銀行業の収益拡大に寄与するとの考えであろう。


 - 海外経済, 投資 ,