ロバート・シラー:ビットコインの秘めた可能性

執筆:

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、ビットコインについてコメントした。
相当な進化がなければ、今のままで生き残ることは難しいという。


1人の学生が私のところに来て、最終試験の間ラップトップを立ち上げたままにさせてくれと言ってきた。
いつでも売買できるような体制を確保するためだ。

資産価格の第1人者であるノーベル賞学者が自身の講義の風景をCNBCで語った。
シラー教授が、若い世代から圧倒的な支持を受ける仮想通貨について尋ねられている。
教授からすればうんざりする質問だろうが、いつものようににこやかに包容力のある答を返している。
さて、教授の講義の最終試験はどうなったのか。

「学生たちに言ったんだ。
『君たちにとってそんなに大切なら、最終試験の間に売買してもいいよ。』」

シラー教授は決してビットコインに明るい未来を見ているわけではない。
むしろ、今後も存続の可否が論争の的になるだろうと予想する。
少なくとも今のまま生き残ることは考えにくいという。

「ビットコインは今のような形ではなくなるだろう。
もしも存在し続けるなら名前が変わっているだろう。
何度も何度もハード・フォークを経て変化していくだろう。」


ビットコインの欠陥を指摘する声は多い。
各国中央銀行の野放図な金融緩和への批判もあり、発行上限を設けるという趣旨は理解できる。
しかし、経済状況にかかわらず通貨供給量を調整できない建付けは致命的だ。
それがビットコイン高の支えにもなり、そのビットコイン高がビットコインの通貨としての流通を拒んでいる。

シラー教授は予想するのが難しいとしながらも、今後のありうる結末の1つを想像する。

「1つのシナリオは、2013年にビットコインが1,000ドルでピークを打った時に起こったようなことだ。
あの時はその後80%も値を下げた。
ビットコインが消えてしまったかのように見えた。」

BTC/USD- 2013年1月以降と2017年2月以降
BTC/USD- 2013年1月以降と2017年2月以降

シラー教授は仮想通貨に対し寛容な姿勢も見せる。
その教授からしても、現在のビットコインにはダメを出さざるをえない。
しかし、同時に新たな進化形への可能性にも期待をつないでいる。

「私はビットコインを否定はしたくない。
バブルに見えるが、人々を熱狂させ、今では数千もの仮想通貨を生み出している。
何かいいものが生まれてくるかもしれない。」


 - 投資 ,