ロバート・シラー:バブルは終わったのか?

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、市場急落前から今までの市場心理を描写している。
現在進みつつある市場の変化は、まさにバブルの定義そのものの特徴を有しているという。


株価上昇に対する人々の期待は途絶えた。
大きな変化が起こり、人々は株価が高すぎると考えている。

投資家信頼感指数調査の結果をもとに、シラー教授は急落前に大きな投資家心理の変化があったとBloombergで語った。
かつての強気心理から変わって、投資家らは「市場が高すぎていつ調整が入ってもおかしくない」という確信を抱くようになっていたという。
そして、市場が実際に調整入りするのに身構え、前兆がないか目を凝らしていたのだという。


「これか?
調整はいつ来るんだ?」

ついに投資家の心配どおり調整がやってきた。
調整がやってくると、次の問いはこうなった。

「何が次に来るんだ?
弱気相場になってしまうのか?
それとも安定を取り戻し上昇するのか?」

こうした変化はまさにバブルの定義そのものだとシラー教授は言う。
教授がここで示した定義は:

「市場が高すぎると思われるのにまだ少しの間上昇し持ちこたえるなら、それがバブルだ。」

さらに問いは続く。

「バブルは終わったのか? 破裂したのか?
私たちは満足したか?
(現状のことを人々は調整と呼び、見方によっては調整はいいこととされる。)
この売りの心理は終わったのかどうか?」

シラー教授は、この問いはまだ解明されていないと話した。
米市場の心理はまだ方向性を決めかねているようだ。


 - 投資 ,