河野龍太郎氏:円安とインフレのスパイラル

BNPパリバの河野龍太郎氏がThe Asahi Shinbun Globeのインタビューで日銀の金融政策について語っている。
異次元緩和の問題点を総合的かつ簡潔に解説した上で、その出口で起こることを予想している。


公的債務の返済方法は二つしかない。
一つ目は増税や歳出削減などの財政調整だ。
この方法で公的債務が返済されないとすると、残る手段は望んでいようといまいと、インフレタックスとなる。

河野氏は、異次元緩和の出口がどうなるかと問われ、こう答えている。
異次元緩和が財政規律を大きく弛緩させたとし、起こりうる2つの結果を提示している。
河野氏にとっては、異次元緩和の出口とは日銀が能動的に取り組むものではなく、政府または見えない神様がもたらすもののようだ。

問題は景気停滞期に表面化する

実際、量的緩和政策が財政規律を弛緩させないのなら、なんの問題もない。
仮に、政府が量的緩和により追加的に国債残高を増加させて得た資金を支出せず、日銀に政府預金として積み増すだけなら、ほとんど何も引き起こさない。
唯一起こるのは、日銀が追加的に得ることとなった国債金利が増え、その分日銀から政府へ渡る国庫納付金が増えるだけであり、単なる行って来いでしかない。
ケネス・ロゴフ教授が「QE巻き戻しはイベントではない。観衆がQEを知らなければ、知りたくなければ、実際にはどちらの方向にも大きく作用するものではない」と語ったのはこのためだ。
量的緩和とは、人々の期待や財政規律などに影響しなければ、何の良さも悪さもない行為である。


日銀の異次元緩和は(市場期待を通して)為替市場のカタリストになり、円安をもたらし、景気を回復させた。
河野氏が言うように財政規律は緩んだが、その悪影響は循環的な税収増によって今は表面化していない。
この点の真実が見えるようになるのは、時期はどうあれ、いつかはやってくる循環的景気後退期であろう。
税収が減る一方、金融政策に緩和余地は小さく、さらに財政支出を増やして景気後退に対応せざるを得なくなる。

晴れなのに屋根を修理しない

その意味で、次の景気後退に備えるため(FRBやECBのように)今のうちに金融政策、さらに財政政策を引き締め気味にしておくというのは1つの考え方だろう。
特に、金融政策についてはそうだ。
ラガルドIMF専務理事は「太陽が出ている間に屋根は修理しなければならない」と話している。
ところが、トランプ政権と米共和党は、絶好調の経済状況の中で財政政策まで吹かしている
来年あるかどうかもわからない政権の下では、小出しにするわけにもいかなかったのだろう。
結果、米市場では財政インフレのリスクが強く意識されるようになり、昨今の市場急落の一因となった。

(参考)インフレ税
クリストファー・シムズ:インフレ税で軽減しろ
【メモ】金融抑圧からの解放
ピーター・シフ:減税しても国民負担は減らない

(次ページ: 円安とインフレのスパイラル)


ページ: 1 2

 - 国内経済, 政治 , ,