投資

【短信】ロバート・シラー:下落に引き金は要らない

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授は、市場が下落するのに引き金は要らないと話した。
下落はバブルに本来備わった運命なのだと言う。


最も有名な市場下落である1929年を回顧すれば、何もなかった。
みんな見直して何か探したが、関税引き上げ交渉のようなものしか見当たらない。
そんなのは説得力がない。

CNBCが市場下落のトリガー候補を尋ねた時のシラー教授の答だ。
そもそもトリガーなど、事が起こってから後付けで語られるものなのだという。

世界の資産価格が上昇を続ける中、市場が下落に転じるトリガーは何かとの興味が高まっている。
こうした質問に対し、資産市場の歴史家 シラー教授は、トリガーなどなくても市場は下落しうると話す。

「みんな『(次の市場下落の)トリガーは何か』と尋ねる。
しかし、下落にトリガーなんて要らないんだ。
それこそバブルに本来備わった力学であり、いつか終わりをもたらすものなんだ。」


-投資
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。