投資

FANG人気の一因:ロバート・シラーvsジェレミー・シーゲル
2020年12月21日

50年来の友人、ロバート・シラー教授とジェレミー・シーゲル教授がウォートン校のラジオ番組で楽しい会話を披露した。


(シラー教授)
FANGにかかわるナラティブはとても強固なものなんだ。
大学を中退した起業家が事業を始めた。
それが、大学に入ったことのない人たちを魅了する。

シラー教授がウォートン・ビジネス・ラジオに招かれ、シーゲル教授と会話した。
シーゲル教授が、現在の市場のナラティブを尋ねたのに対するシラー教授の答だ。
市場関係者が用いることのないアングルからの答が面白い。
シラー教授は、市場で人気を集めてきたFANGを政治・社会の風潮と関連付けて考えている。

(シラー教授)
これがトランプのメッセージの1つなんだ。
『アメリカを再び偉大にす』れば、炭鉱夫もある程度偉大になるはず、と。

社会で輝きを失った人々に再起のチャンスが存在する。
そんな夢がトランプ氏を大統領にし、FANGの人気にも一役買っているとの解釈だ。

ところが、トランプ大統領の名前が出たところで、話は大きく脱線する。
シーゲル教授は根っからの共和党支持者。
ただし、保護主義などには反対してきた。
シラー教授は日頃からリベラルな発言が多く、おそらく民主党寄りのスタンスだろう。

(シーゲル教授)
彼はうちの大学を卒業したんだ。
私が着任するかなり前だ。
私はこう言われ続けたよ。
『おお、あなたはトランプの先生なんですね。』
私は言い返してきた。
『私たちは同じ歳だから、それは難しいだろうね。』

もちろん、ボケの後にはツッコミが入る。

(シラー教授)
よくあることじゃないか。
若い教授がほぼ同年齢の学生を教えることは。

シーゲル教授は、大統領がウォートン校の出身であることをあまり誇りに思っていないようだ。
話す機会を待っていたのかもしれない。
ひとしきり言い終えると、ようやく本題に戻った。
ビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェット、スティーブ・ジョブスなど、大学を中退した起業家が偉大な企業を生み出してきた。

(シラー教授)
革新的な企業の指導者たちは少しクレージーに見える。
でも、背景には天才の存在があるんだ。・・・
これこそフランク・ナイトが1920年代に強調した資本主義制度の天才なんだ。

シラー教授は、テスラの創業者でCEO、イーロン・マスク氏について、天才なのか、ただの大口叩きなのか、まだ誰にもわからないと語る。
その一方で、テスラの将来について明るいとはいえない予想を語っている。

(シラー教授)
テスラは最終的にはポラロイドのようになると思う。
エドウィン・ランドは大学を中退し、ポラロイドを作った。
彼が率いている間は繁栄したが、引退したら没落した。

今度はシーゲル教授がカブセてきた。

(シーゲル教授)
ちなみに、私は『株式投資』初版で最も割高な1970年代のニフティフィフティ銘柄をポラロイドとしている。
PER 90倍だった。
その後、消滅した。

気の置けない者どうしの放談と言った感じで、結論のはっきりしない話に終始している。
結論が見えないのは、いずれも難問だからでもあろう。
言葉の端々に、様々なアイデアの芽があるように感じられ、興味深いトークになっている。


-投資
-, , , ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。