「 政治 」 一覧

ECBや日銀流の本当にひどく異常な政策:ジェフリー・ガンドラック

2019/05/09

債券王ことDoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏が、債務拡大と次の景気後退期について懸念を述べた。 米政府債務は制御不能の状態にあり、FRBはこの先ECBや日銀と同様の超低金 …

米中交渉が不調なら10-20%の下げへ:ジェレミー・シーゲル

2019/05/09

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、米国による対中追加関税の市場への影響について解説している。 これまでの米政府の発表どおりなら今週10日より対中関税が25%に引き上げられることになる。

信じがたいトワイライト・ゾーン:ジェフリー・ガンドラック

2019/05/08

債券王ことDoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏は、米国の対中追加関税が実施される確率を50%超と予想している。 また、米国株市場については弱気相場入りし今も続いていると話し …

人生最悪の危機はすでに始まっている:ジム・ロジャーズ

2019/05/08

ジム・ロジャーズ氏がインド株への無関心の理由を話している。 また、従前どおり人生最悪の危機到来を予想している。

全く異なる世界になった:ジェレミー・シーゲル

2019/05/06

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、FRB・FOMCの議事のあり方に注文をつけている。 その中で、米経済・市場に関する重要な見通しを述べている。

注目されないままに上がっていく社会保険料:小峰隆夫教授

2019/04/28

経済企画庁調査局長などを歴任した小峰隆夫 大正大学教授が、日本経済の5つの不思議を挙げている。 その中で消費税と社会保険料に対する注目度の相違が述べられている。

ジョセフ・スティグリッツ

自己中心が招いた自滅:ジョセフ・スティグリッツ

2019/04/23

ジョセフ・スティグリッツ教授が、市場経済のルールを再び書き換えるべきと唱えている。 現在の経済停滞と格差拡大の一因として、個々人の自己中心的な考え・行動を挙げている。

誰が地銀の収益を奪っているのか:山本謙三氏

2019/04/23

元日銀理事の山本謙三氏が日銀「金融システムリポート」の中身を解説している。 そこには地銀だけに責任を押し付けるべきでない実情が垣間見える。

隅田川はどちらに流れているのか

2019/04/20

4月18日の日本経済新聞のコラム「大機小機」が面白かった。 ペンネーム「隅田川」氏による「平成経済の反省」というコラムだ。(浜町SCI)

TAGはドル円相場を円高ドル安にするか:論じられる奇妙な論理

2019/04/16

ワシントンで15日から閣僚級による物品貿易協定(TAG)の交渉が始まった。 米国側が意欲を示しているとされる為替条項が注目されているが、メディアや識者の論調の中になんとも奇妙なものがある。(浜町SCI …

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。