「 政治 」 一覧

モダン・マネタリー・ナンセンス:ケネス・ロゴフ

2019/03/07

『国家は破綻する』の著書で世界各国の財政政策に大きな影響を与えたハーバード大学 ケネス・ロゴフ教授が、モダン・マネタリー・セオリー(MMT)について論じている。 あわせて、米財政問題への処方箋を解説し …

新たなスローガンの流行と米国債:ロバート・シラー

2019/03/01

ロバート・シラー教授が、米政治における新たなスローガンの流行を心配した。 Modern Monetary Theoryがそれであり、これが米財政の持続性に不安をもたらすと示唆した。

同じ経済状態なら物価低下の方がいい:浜田宏一教授

2019/02/26

内閣官房参与 浜田宏一 イェール大学教授が、2%物価目標に過度にとらわれるべきでないと話している。 政府・日銀における経済政策に対するバランス感覚の変化を感じさせる発言だ。

【グラフ】米国の公的債務とインフレ

2019/02/25

米国において、公的債務・負担の積み上がりへの議論が奇妙な展開を見せている。 かつて小さな政府を望んでいた共和党が積極財政へ舵を切ったため、財政の持続性を求める声が死に絶えそうな様子なのだ。(浜町SCI …

投資を厳選するための工夫:ジム・ロジャーズ

2019/02/22

ジム・ロジャーズ氏が、日本の直面する選択について語っている。 また、ちょっとだけ新鮮味のある投資のヒントを明かしている。

米財政のカウントダウン:デイビッド・ストックマン

2019/02/21

レーガン政権で行政管理予算局長を務めたDavid Stockman氏が、トランプ政権の政策にダメを出した。 同氏は昨年、米国株市場が20-40%下げると予想したが、これまでのところ同市場は20%下落の …

福沢諭吉先生が紙切れに:土居丈朗教授

2019/02/20

慶応義塾大学の土居丈朗教授が、長く続く日本の財政拡大と日銀の国債購入について警告を発している。 現状を継続すれば、いつかインフレか金利急騰に見舞われる可能性が高まっていくという。

米国は2020-21年帰還不能点を越える:ジェフリー・ガンドラック

2019/02/19

新債券王ことDoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏のYahoo Financeインタビュー号外編。 ガンドラック氏がタブーなく社会問題に言及している。

ビル・ゲイツの増税論はデレバレッジを生む

2019/02/19

マイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツ氏が財政赤字と税制について語った。 そこには、まだ多くの人が気づいていない潜在的な変化が隠されている。

2020年に起こりうるとんでもない事態:ジェフリー・ガンドラック

2019/02/17

新債券王ことDoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏のYahoo Financeインタビューの第3弾。 (初回 2回)

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。