「 政治 」 一覧

FT「今年の人」にジョージ・ソロス氏

2018/12/26

The Financial Timesの「今年の人」にジョージ・ソロス氏が選ばれた。 今回は選ぶ側、選ばれる側に、単純でない気持ちがこもっているようだ。

政府はインフレを防げない:グリーンスパン

2018/12/21

アラン・グリーンスパン元FRB議長が、財政悪化によるインフレ・経済低迷を心配している。 政治はこれを防ぐことができず、米経済はスタグフレーションに向かう可能性が高いという。

【書評】21世紀の長期停滞論

2018/06/30

福田慎一 東京大学教授が上梓した金融・財政政策、潜在成長率を高める上で重要な構造改革について解説した本。 よく言えばとてもオーソドックスかつスクウェアに書かれており、それを悪く言うならドラマティックさ …

【書評】1985年の無条件降伏-プラザ合意とバブル

2018/03/12

元読売新聞の岡本勉氏がプラザ合意以降の経済・社会について克明に記した本。 トランプ政権が保護主義の色を強めている今とてもタイムリーな話題をカバーしている。(浜町SCI)

【書評】経済成長という呪い-欲望と進歩の人類史

2018/01/20

フランスの経済学者、思想家、パリ高等師範学校 経済学部長 ダニエル・コーエン氏が現代資本主義の選択肢を問うた本。 テーマは「現代社会は、経済成長なしでも持続できるのか」である。(浜町SCI)

日本銀行

【書評】日銀と政治-暗闘の20年史

2018/01/17

朝日新聞記者 鯨岡仁氏が上梓した日銀の20年史を綴った本。 橋本龍太郎内閣、松下康夫 日銀総裁時代以降の日銀と反日銀の識者、政治とのせめぎ合いを取り上げている。(浜町SCI)

クルーグマン、マーク・ファーバーに牙をむく

2017/10/18

ポール・クルーグマン教授が、マーク・ファーバー氏をやり玉に上げた。 クルーグマン教授らしい子供っぽい口喧嘩なのだが、背景にはいくつの問題が潜んでいる。

【書評】日本経済再生 25年の計

2017/10/09

池尾和人 慶應大学教授、幸田博人 みずほ証券副社長らによる経済再生のための提言の本。 「金融・資本市場の新見取り図」との副題がついている。(浜町SCI)

レイ・ダリオが言いたかった1937年

2017/08/24

先日FPで紹介したRay Dalio氏のSNS投稿は日本ではすっかり過小評価されてしまったようだ。 従来からの研究に基づく警戒感を示したものだったのだが、主要メディアはただダリオ氏が弱気に転じたとの捉 …

コーン委員長辞任なら市場はクラッシュも

2017/08/18

ゲイリー・コーン国家経済会議委員長(元ゴールドマン・サックス社長兼共同COO)の去就が市場の注目を集めている。 仮にコーン氏がトランプ政権と袂を分かつことになれば、株式市場はクラッシュするとの観測さえ …

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。