「 政治 」 一覧

量的緩和の罠:ジェフリー・ガンドラックのつぶやき

2019/02/11

新債券王ことDoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏のこの数日のツイートを眺めておこう。 投資について直接触れたものはほとんどないが、王の目線がわかるはずだ。

【輪郭】金融緩和懐疑派が追加緩和を議論し始めたワケ

2019/02/11

景気拡大が長く続くにつれ、景気後退も近づいているのではないかとの警戒感が高まっていく。 景気後退入りの際に政府・中央銀行がとりうる政策を予想する人も増えたが、これまで追加緩和に懐疑的だった人たちまで輪 …

竹中平蔵教授も推すベーシック・インカム、実験がフィンランドで

2019/02/11

竹中平蔵 東洋大学教授が平成の30年を振り返ったインタビューの中で、ベーシック・インカムに触れている。 この制度については最近、フィンランドから興味深いニュースがあった。

経済学の手法と目的:ロバート・シラー

2019/02/06

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、学部生時代を過ごしたミシガン大学での出会いについて語っている。 そこで教授は後の研究に大きな影響を与える手法と目的を心 …

格差対策のための所得増税・資産税に対する投資戦略:マーク・ファーバー

2019/02/06

スイス人著名投資家マーク・ファーバー氏が、世界の格差問題と投資戦略へのインプリケーションについて書いている。 今後、西側諸国が所得増税や資産税導入を検討するようになると予想しているという。

安倍首相は、いやいやモディ首相は:ジム・ロジャーズ

2019/02/04

ジム・ロジャーズ氏が、世界の政治家の繰り広げるポピュリズムへの憤りをぶちまけている。 インドの暫定予算案を選挙目当てのばら撒きと断罪し、世界の債務拡大が深刻な問題を引き起こすと予言している。

【グラフ】日本に忍び寄るマイルドなデフレ

2019/02/03

日本に再びマイルドなデフレが忍び寄っている。 予想インフレ率の実測値であるブレークイーブン・インフレ率(BEI)からそんな心配が垣間見えてきた。(浜町SCI)

米国の最大の欠損とは:ローレンス・サマーズ

2019/02/01

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、困窮する人々の救済や社会インフラ整備の予算を増やすべきと説いている。 その優先課題の下では、財政悪化など考える必要はないという。

今後2-3年の市場・経済リスク増大:レイ・ダリオ

2019/01/29

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、今後2-3年のうちに起こることを予想しようとしている。 政治・社会の変化が、市場・経済のリスクを増大させると警戒している。

増税の話をすれば金持ちがそろばんをはじき出す:レイ・ダリオ

2019/01/28

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、民主党議員から提案されている極端な増税案について市場・経済への影響をコメントしている。 金持ちのそろばん勘定をうかがわせるところがあり面白い。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。