「 投資 」 一覧

高ボラティリティにうろたえるな:モハメド・エラリアン

2019/01/02

独Allianz首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、2019年の市場も高ボラティリティが続くと予想した。 昨年末23,327.46で引けたダウ平均が1,000ポイント上下してもうろたえては …

東京証券取引所アローズ

著名投資家のスタンスおさらい

2019/01/02

4日から日本市場も2019年のスタートを切る。 日本市場を翻弄し続ける米市場に対する著名投資家のスタンスをおさらいしておこう。

サイクルを読む:相場は反転したのか

2019/01/01

米市場は、また米市場に引きずられる世界の市場はどちらを向いているのか。 何に投資すべきかは、どういう視野で市場を眺めるかによって異なってくるようだ。

市場の正常化過程での投資戦略:モハメド・エラリアン

2018/12/31

独Allianz首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、現在の米市場で起こっていることを解説した。 市場が乱高下する中での投資戦略をアドバイスしている。

グッゲンハイム スコット・マイナード

1998年の再来、株はまだ上がる:グッゲンハイム

2018/12/30

Guggenheim Partnersのスコット・マイナード氏が、現在の株価調整を1998年に似た段階と指摘した。 この時、米国株市場は上げに回帰し、ドットコム・バブルに向けて力強く上昇を続けている。

グッゲンハイム スコット・マイナード

引き締め頓挫で最後のひと上げが起こる:グッゲンハイム

2018/12/29

Guggenheim Partnersのスコット・マイナード氏が、FRBの利上げ停止、または利下げを予想している。 そうなれば、株式市場は《最後のひと上げ》を見せるとして、買いの準備を奨めている。

米ドルは一番脆弱な通貨:マーク・ファーバー

2018/12/28

スイス人著名投資家マーク・ファーバー氏が、米市場や新興国市場について話した。 米資産価格はさらに下げると予想され、経常収支を見る限り米ドルも脆弱と指摘している。

ハワード・マークス

【書評】市場サイクルを極める

2018/12/28

Oaktree Capitalのハワード・マークス氏による投資哲学の第2弾。 前著『投資で一番大切な20の教え』の中から市場サイクルに関する部分にスポットライトを当てて詳説している。

短期、長期、超長期の円相場予想:佐々木融氏

2018/12/28

JP Morganの佐々木融氏が、平成の30年のドル円相場を振り返った。 短期、長期、超長期の予想が述べられており興味深い。

ハワード・マークス

投資ファンドを作るべき人:ハワード・マークス

2018/12/27

Oaktree Capitalのハワード・マークス氏が、長年身を投じてきた投資ビジネスに対する思いを語っている。 投資ファンドを設立すべき人の要件を一言で表現している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。