「 海外経済 」 一覧

貿易戦争は漁夫の利を生むだけ:浜田宏一教授

2019/01/03

内閣官房参与 浜田宏一 イェール大学教授が、米中貿易摩擦の効果について解説している。 米国に対し逆効果となっている現実を諭す内容だが、それが正しく受け取られる可能性はほとんどないだろう。

高ボラティリティにうろたえるな:モハメド・エラリアン

2019/01/02

独Allianz首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、2019年の市場も高ボラティリティが続くと予想した。 昨年末23,327.46で引けたダウ平均が1,000ポイント上下してもうろたえては …

サイクルを読む:相場は反転したのか

2019/01/01

米市場は、また米市場に引きずられる世界の市場はどちらを向いているのか。 何に投資すべきかは、どういう視野で市場を眺めるかによって異なってくるようだ。

市場の正常化過程での投資戦略:モハメド・エラリアン

2018/12/31

独Allianz首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、現在の米市場で起こっていることを解説した。 市場が乱高下する中での投資戦略をアドバイスしている。

FRBは道を失った:スティーブン・ローチ

2018/12/27

元モルガン・スタンレー・アジア会長スティーブン・ローチ氏が、FRBの金融政策についてコメントしている。 愚直に金融政策正常化を進めるパウエル議長を称賛している。

サブプライム証券の化身:カーメン・ラインハート

2018/12/26

著書『国家は破綻する』で有名なハーバード大学カーメン・M・ラインハート教授は、サブプライム/リーマン危機が形を変えて再現するのを心配している。 それは、企業債務の証券化商品だ。

FRBはS&Pで400下落まで気にしない:デビッド・テッパー

2018/12/25

Appaloosa Managementのデビッド・テッパー氏が、FRBの金融政策を批判した。 5箇条のコメントの第5条で、ある投資先を提示している。

甘く考えるな:ローレンズ・サマーズ

2018/12/24

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、珍しく投資家向けアドバイスを語っている。 米経済・市場のリスクは増したとし、投資家がとるべき基本的スタンスを推奨している。

米経済は2019年1%成長へ:ブリッジウォーター

2018/12/24

ブリッジウォーターでレイ・ダリオ氏らと共同CIOを務めるグレッグ・ジェンセン氏が、2019年中の米経済の急速な鈍化を予想した。 米市場には弱気とし、新興国市場で相対ポジションをとっているという。

有害な資産はいつも存在する:グリーンスパン

2018/12/23

アラン・グリーンスパン元FRB議長が、米市場からの退避を奨めている。 金利上昇が株価を押し下げることになるとし、スタグフレーションの到来を予想している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。