「 海外経済 」 一覧

エラリアン:不況を回避するための3つの条件

2016/08/18

政治の不作為が続くなら米経済は不況入りすると、独Allianz首席経済アドバイザーMohamed El-Erian氏が警告した。 不況回避のための3つの政策を提言している。

クルーグマン:金融政策の効果は薄い

2016/08/18

ポール・クルーグマン教授が、現状の各国の金融緩和策の効果について「極めて薄い」とダメ出しした。 高インフレの到来を信じさせることができなかったため、状況は振り出しに戻ってしまったと語った。

コチャラコタ:景気回復すれば利上げで挫かれてしまう?

2016/08/15

Narayana Kocherlakota前ミネアポリス連銀総裁が、伸び悩む生産性向上策について提案している。 従来からの供給サイドの施策だけではなく、需要サイドに働きかけることが重要だという。

ガンドラック:「決して」は「すぐ」を意味する

2016/08/15

新債券王ことDoubleLine CapitalのJeffrey Gundlach氏が、米金利・米大統領選について語った。 債券利回りの動きから、マイナス金利政策が求める結果を生まないとの証拠が積み上 …

リチャード・クー:出口で待ち構える悪夢

2016/08/12

野村総研のリチャード・クー氏が、ヘリコプター・マネーの損得勘定について書いている。 クー氏はヘリコプター・マネーの重要な要素である量的緩和の出口での困難を強調している。

バーナンキ:FRB利上げの読み方

2016/08/11

ベン・バーナンキFRB前議長が、FOMC参加者の経済認識の変遷について分析している。 そこから、インフレ目標達成や利上げが足踏みする理由を説明している。

クルーグマン:緊縮派の3つの誤り

2016/08/11

ポール・クルーグマン教授が、国債発行による財政拡大を主張している。 その中で、財政拡大反対派の3つの主張を紹介し、反対意見を述べている。

ケネス・ロゴフ:海外勢の忍耐をあてにしてはいけない

2016/08/10

『国家は破綻する』の著書で世界各国の財政政策に大きな影響を与えたハーバード大学 Kenneth Rogoff教授が、米政府の調達の長期化について論じている。 米政府は安定的な財政運営のため、マチュリテ …

ゴールドマン・サックス

ゴールドマンはドル高、モルスタはドル高終了

2016/08/10

ゴールドマン・サックスが、従来からのドル高予想を維持した。 一方、モルガン・スタンレーは、ドル高が長く続かないと予想している。

ジム・ロジャーズ:50-75%の下落もありうる

2016/08/09

昨日紹介したジム・ロジャーズ氏の書簡の続報。 ロジャーズ氏は、株式市場の50-75%の下落もありうると予想している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。