「 国内経済 」 一覧

ゴールドマン・サックス

ゴールドマン:日銀の国債買入れは限界が近い

2016/08/05

ゴールドマンまでもが日銀の金融緩和限界説に乗っかったとBloombergが伝えた。 日銀は早いペースで巨額の国債を買い入れてきており、市場に買える玉がなくなることが心配されている。

白川前総裁:たかがGDP、されどGDP

2016/08/04

白川方明 青山学院大学教授(日本銀行前総裁)が日本社会の目標、そのための方法論について思い悩んでいる。 規制改革の是非、GDPの是非を問い、取り組むべき課題を提起している。

藤巻健史議員:円暴落はいつか来る

2016/08/04

「オオカミおじいさん」こと藤巻健史参院議員が、量的緩和政策の出口について心配している。 日本は出口でギリシャ化し、政府・日銀間の論争の末、結局「悪性インフレ」に至るという予想だ。

ビル・グロスが教える量的緩和の終わり方

2016/08/03

債券王ビル・グロス氏の8月の月例書簡は、大きな声では言えないQ&A集だ。 「心配するな」といいながら、書いてあることは万人を心配させる内容になっている。

麻生副総理が発信した40年債のシグナリング

2016/08/03

麻生副総理兼財務相と黒田日銀総裁が昨日会談した。 麻生副総理は40年債の増発検討を公表したが、これの意味するところは何だろう。

【輪郭】「総括的な検証」で予想されること

2016/08/02

7月28-29日の日銀金融政策決定会合の結果を見直しておきたい。 「総括的な検証」を行うと宣言した日銀は、どういう変化を想定し、何を検証するのだろうか。(浜町SCI)

佐々木融氏:アベノミクスと異次元緩和の岐路

2016/08/01

JP Morganの佐々木融氏が、市場におもねるような政府・日銀の政策に疑問を呈した。 市場がヘリコプター・マネーへの期待感を高める中で、何が最終目的なのかを再度思い出すべきという。

河野龍太郎氏:新自由主義はどこで間違ったのか

2016/07/27

BNPパリバの河野龍太郎氏がReutersに寄せたコラムで、世界で吹き荒れる反グローバリゼーションの高まりに危機感を露わにしている。 各国の新自由主義的政策に欠けていた点を洗い出し、格差問題への対応策 …

財政・金融の専門家が金の専門家を訪ねる理由

2016/07/26

World Gold Council元日本代表 豊島逸夫氏のコラムを読んで笑ってしまった。 財務省・日銀を退官した同期・先輩たちが、金の第一人者のもとに相談に来るのだという。

榊原英資教授:金融緩和は賞味期限切れ

2016/07/25

ミスター円こと榊原英資 青山学院大学教授がBrexitや為替レートについてインタビューで話している。 ドル円は緩やかな円高トレンドにあり、1ドル90円を目指すと予想している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。