「 書評 」 一覧

東京証券取引所アローズ

【書評】ETFハンドブック

2019/01/15

ETF大手ウィズダムツリー・アセット・マネジメントのデビッド・J・アブナー氏が書いたETFについての書籍。 「プロフェッショナルが理解すべき最先端投資ツールのすべて」との副題がついているとおり、プロ向 …

書評

年末年始の資産形成のための読書:2018年の【書評】から

2018/12/29

今年も仕事納めの時期がやってきた。 年末年始はゆっくりしたいが、相場は荒れ模様で心配だ。

ハワード・マークス

【書評】市場サイクルを極める

2018/12/28

Oaktree Capitalのハワード・マークス氏による投資哲学の第2弾。 前著『投資で一番大切な20の教え』の中から市場サイクルに関する部分にスポットライトを当てて詳説している。

【書評】中央銀行: セントラルバンカーの経験した39年

2018/12/06

白川方明 前日本銀行総裁が著した回顧録。 金融・経済にかかわる幅広いテーマが知的に論じられており、まるで宝石箱のように楽しめる。

ハワード・マークス

【書評】投資で一番大切な20の教え

2018/11/24

Oaktree Capitalのハワード・マークス氏が自らの「投資哲学の声明文」と称した本。 ウォーレン・バフェット氏を始め、セス・クラーマン氏、ジェレミー・グランサム氏、ジャック・ボーグル氏など投資 …

【書評】次なる金融危機(スティーヴ・キーン)

2018/09/24

キングストン大学 スティーヴ・キーン教授が書き下ろした迫りくる金融危機についての論考。 140ページ余りと短い本だが、レトリックなしに単刀直入に不吉な未来が予想されている。

【書評】世界経済入門(野口悠紀雄)

2018/09/23

早稲田大学ファイナンス総合研究所の野口悠紀雄氏が上梓した、世界経済の読み解き方の解説書。 昨年刊行した『日本経済入門』の世界経済版である。

【書評】Big Debt Crises (by レイ・ダリオ)

2018/09/11

Bridgewater AssociatesのRay Dalio氏が上梓した景気と市場の循環についての教本。 想像していた以上にすごい本だ。(浜町SCI)

【書評】財政破綻後 危機のシナリオ分析

2018/08/27

日本で財政破綻が起こった時、何が起こるか、何をしなければならないかを議論した本。 著者には財政についてのタカ派の重鎮の名前が並ぶ。(浜町SCI)

セス・クラーマン推薦の32冊

2018/08/21

2010年のインタビューでセス・クラーマンが推薦した書籍32冊をEquities.comが紹介している。 リーマン危機の傷がまだ癒えない時期だけに、古典だけでなく金融危機関連の本が並んでいる。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。