「 投稿者アーカイブ: 」 一覧

2019年は7-10%の下げの年に:デニス・ガートマン

2019/01/05

デニス・ガートマン氏が、2019年の米国株市場の下げを予想した。 米経済はマイルドな景気後退に入り、2020年までは続かないだろうとした。

市場と経済の3つの均衡:レイ・ダリオ

2019/01/04

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が債務サイクル、政治、3つの均衡、2つの政策対応について独特の見方を総括している。 今回はその中から3つの均衡について紹介する。

2019年の米国株は5-15%の上昇へ:ジェレミー・シーゲル

2019/01/04

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、2019年の米国株市場について5-15%の上昇を予想した。 昨年末の調整によってむしろ上昇余地が大きくなったと見て、ついに《永遠のブル》が戻ってきた。

バイロン・ウィーンの「2019年のびっくり10大予想」

2019/01/04

ブラックストーンが、バイロンR.ウィーン氏による1986年以来34年目となる恒例の「びっくり10大予想」を顧客に送った。 昨年と比べると楽観が後退した感は否めないが、依然としてウィーン氏の強気は健在だ …

Appleショックは弱気相場の典型:ジェフリー・ガンドラック

2019/01/03

新債券王ことDoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏が、Appleショックにコメントした。 株式の弱気相場を予想する同氏は、これを弱気相場に典型的な現象と見ている。

貿易戦争は漁夫の利を生むだけ:浜田宏一教授

2019/01/03

内閣官房参与 浜田宏一 イェール大学教授が、米中貿易摩擦の効果について解説している。 米国に対し逆効果となっている現実を諭す内容だが、それが正しく受け取られる可能性はほとんどないだろう。

高ボラティリティにうろたえるな:モハメド・エラリアン

2019/01/02

独Allianz首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、2019年の市場も高ボラティリティが続くと予想した。 昨年末23,327.46で引けたダウ平均が1,000ポイント上下してもうろたえては …

東京証券取引所アローズ

著名投資家のスタンスおさらい

2019/01/02

4日から日本市場も2019年のスタートを切る。 日本市場を翻弄し続ける米市場に対する著名投資家のスタンスをおさらいしておこう。

サイクルを読む:相場は反転したのか

2019/01/01

米市場は、また米市場に引きずられる世界の市場はどちらを向いているのか。 何に投資すべきかは、どういう視野で市場を眺めるかによって異なってくるようだ。

市場の正常化過程での投資戦略:モハメド・エラリアン

2018/12/31

独Allianz首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、現在の米市場で起こっていることを解説した。 市場が乱高下する中での投資戦略をアドバイスしている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。