ケビン・ウォーシュ:FRBは山を下りろ

2016/09/12

FRB元理事のKevin Warsh氏が、ハト派の学者が唱えるインフレ目標の引き上げに反対している。 目標引上げは証券界を喜ばすだけで、何ら本質的な解決にならないと説いている。

米ドル

篠原尚之教授:金融緩和の円安効果は一時的

2016/09/12

財務官、IMF副専務理事を歴任した篠原尚之 東京大学教授が為替介入の現実を語っている。 現水準での為替介入はありえず、金融緩和の円安誘導効果は一時的なものと指摘した。

マーク・ファーバー

ファーバー:量的緩和がもたらす社会主義・共産主義化

2016/09/12

スイス人著名投資家マーク・ファーバー氏が、量的緩和の果てには社会主義・共産主義が待っていると指摘した。 バリュエーションに関しては、長期的に見て貴金属や新興国市場に魅力があると語った。

翁邦雄教授:岩田副総裁が辞めないワケ

2016/09/11

日銀が20-21日に予定している「総括的な検証」について、日銀で金融研究所所長などを歴任した翁邦雄 京都大学教授がインタビューを受けている。 正統的かつ堅実な議論が進められており、興味深い点を紹介しよ …

ピーター・シフ

ピーター・シフ:金融政策の重みで経済が崩壊する

2016/09/11

Euro Pacific CapitalのPeter Schiff氏が運用する株式ファンドが好調だ。 2015年の苦戦が嘘のように、年初来35%のリターンを上げ、カテゴリー内で第2位の成績となっている …

ウェルズ・ファーゴ5,300人解雇が語るもの

2016/09/10

米商業銀行の雄ウェルズ・ファーゴが5,300人を解雇するという。 金融機関のリストラは何も珍しいことではないが、懲戒解雇となれば話は別だ。

河野龍太郎氏が予想する本石町の詭弁

2016/09/10

BNPパリバの河野龍太郎氏が今月20-21日に予定されている日銀の「総括的な検証」について深読みしている。 日銀が弄するであろう詭弁・屁理屈の類を分かりやすく推測していて面白い。

マーク・ファーバー

ファーバー:日欧の量的緩和は永遠に終わらない

2016/09/10

スイス人著名投資家マーク・ファーバー氏が、日欧のQEインフィニティ(量的緩和の永続)を予想した。 システムの崩壊まで資産価格は上昇しうるが、貴金属価格の上昇には劣ることになるだろうと話した。

東京証券取引所アローズ

ジェレミー・グランサム:資源株に長期投資せよ

2016/09/09

大手投資会社GMOの共同創業者Jeremy Grantham氏が、資源株への投資検討を勧めている。 バブル発生が近いと予想してきたグランサム氏がコモディティを推奨する背景には、デフレの時代が終わりつつ …

ガンドラック:WIRPが40-45%なら利上げ

2016/09/09

新債券王ことDoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏がウェブキャストで、WIRPというキーワードからFRB金融政策を論じている。 近くFRBがWIRPを裏切る形で利上げに踏み切 …

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。