クルーグマン:緊縮派の3つの誤り

2016/08/11

ポール・クルーグマン教授が、国債発行による財政拡大を主張している。 その中で、財政拡大反対派の3つの主張を紹介し、反対意見を述べている。

マーク・ファーバー

マーク・ファーバー:米国株は半値に

2016/08/11

スイス人著名投資家マーク・ファーバー氏が、米国株について半値に下げると予想した。 終末博士は現状を「みんなタイタニックに乗っている」と表現した。

ケネス・ロゴフ:海外勢の忍耐をあてにしてはいけない

2016/08/10

『国家は破綻する』の著書で世界各国の財政政策に大きな影響を与えたハーバード大学 Kenneth Rogoff教授が、米政府の調達の長期化について論じている。 米政府は安定的な財政運営のため、マチュリテ …

マーク・ファーバー

マーク・ファーバー:テスラ株は最終的には紙屑になる

2016/08/10

スイス人著名投資家マーク・ファーバー氏が、株のショートによるリスク・ヘッジを勧めた。 具体的な銘柄として、電気自動車メーカーTeslaを挙げ、最終的には株価がゼロになると予想した。

ゴールドマン・サックス

ゴールドマンはドル高、モルスタはドル高終了

2016/08/10

ゴールドマン・サックスが、従来からのドル高予想を維持した。 一方、モルガン・スタンレーは、ドル高が長く続かないと予想している。

ジム・ロジャーズ:50-75%の下落もありうる

2016/08/09

昨日紹介したジム・ロジャーズ氏の書簡の続報。 ロジャーズ氏は、株式市場の50-75%の下落もありうると予想している。

デニス・ガートマン:ユーロ建て金投資は依然有効

2016/08/09

コモディティ王デニス・ガートマン氏が、ユーロ建てでの金投資を推奨した。 米・欧での金融政策のダイバージェンスが見込まれる中、金上昇・ユーロ安の恩恵を受け取れると主張した。

クルーグマン:金融緩和継続、積極的インフラ投資を

2016/08/09

ポール・クルーグマン教授が、回復色を強める米経済を前に、採るべき経済政策を論じている。 リスクには非対称性があるため、拡張的金融・財政政策を採用すべきと主張している。

【輪郭】金融政策決定会合の意見に見る日銀の変容

2016/08/09

7月28・29日の日銀金融政策決定会合での「主な意見」が公表された。 そこには、かつての日銀とは違う世界の会話が書かれていた。(浜町SCI)

スティグリッツ:新自由主義者はセラピストに診てもらえ

2016/08/08

ジョセフ・スティグリッツ教授が、グローバリゼーションが世界を幸福にできていない理由を論じている。 新自由主義を批判し、グローバリゼーションの果実を広く行きわたらせるための強力な再分配の仕組みが必要と説 …

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。