ビル・グロス:3と2.6

2017/01/11

債券王ビル・グロス氏が月例の顧客向け書簡を公表した。 その中で市場動向を占うために重要な2つの数字を挙げた。

佐々木融氏:年末までにドル円100円割れも

2017/01/11

JP Morganの佐々木融氏が円高ドル安予想を継続した。 金利差、人民元相場、実質金利などの指標を挙げつつ、政治要因がゲームのルールを変えると予想した。

ソロス、総理・副総理と面談

2017/01/10

ジョージ・ソロス氏が6日、アデア・ターナー氏らを伴って安倍首相と面談した。 毎日新聞は、「約30分間、・・・国際金融情勢などについて意見交換したとみられる」と伝えている。

クルーグマン教授の言うことがコロコロ変わるワケ

2017/01/10

ポール・クルーグマン教授が、「言うことがコロコロ変わるじゃないか」との批判に反論している。 政治とは、いずこも同じ低俗な口喧嘩だ。

エラリアン:株高継続の条件

2017/01/10

独Allianz首席経済アドバイザーMohamed El-Erian氏が、米ドル高のリスクに言及した。 米国株市場が上昇を続けるには、過度なドル高を回避することが必要であり、欧州の動向がカギになるのだ …

ジェレミー・シーゲル

ジェレミー・シーゲル:株がまだ上がるワケ

2017/01/10

米国株市場の応援団長、ウォートンの魔術師Jeremy Siegel教授が、CNBCで米国株がさらに上げ続ける理由を語っている。 ところが、そのレトリックがやや巧妙すぎるように思えるのだ。

BOE・ハーバード:「債券大虐殺」より悪い結果に終わる

2017/01/09

ハーバード大学研究者でBOE客員研究員Paul Schmelzing氏が、歴史上の債券市場の強気相場とその調整過程を紐解いている。 昨年までの強気相場は史上最大のものであったとし、その調整は1994年 …

ローレンス・サマーズ

サマーズ:トランプの規制緩和が金融危機の温床に

2017/01/09

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、トランプ批判をエスカレートさせている。 ほぼ全面的なダメ出しだが、中でドッド・フランク法廃止について気になることを語っている。

エラリアン:株高には理由がある

2017/01/09

独Allianz首席経済アドバイザーMohamed El-Erian氏は、ダウ平均が20,000にあと0.37ポイントと迫った6日「米国株上昇には理由がある」と語った。 今後も適切な政策が実行されれば …

カイル・バス

カイル・バス:地殻変動が生んだ絶好の投資機会

2017/01/08

Hayman Capital ManagementのKyle Bass氏が、絶好の投資チャンスが到来したと書いている。 金融緩和がフェード・アウトするにつれ、多くのアノーマリーが出現しつつあるのだとい …

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。