米ドル

【書評】現代日本経済史年表 1868-2015年

2017/01/25

明治元年以来の日本経済史の年表。 年表とともに時代、時代の経済・社会を振り返っている。

加藤出氏:緩やかな円安が続く

2017/01/24

東短リサーチの加藤出氏が、日経電子版への寄稿で2017年の日米の金融政策とドル円相場を予想している。 日米金利差が開くと見て、緩やかな円安ドル高を予想している。

野口悠紀雄氏:トランプ大統領に突っ込まれそうなところ

2017/01/24

早稲田大学ファイナンス総合研究所・顧問 野口悠紀雄氏が、トランプ大統領の個別企業への介入について心配している。 企業経営への介入については抗議できるが、為替操作への批判については分が悪いと書いている。

ガンドラック:ドル円は200円に向かう

2017/01/24

Barron’s主催の年初のラウンドテーブルの続報(参照:市場のセンチメント、債券市場)。 今回は、ジェフリー・ガンドラック氏の株式市場についての見方をクローズアップする。

ジム・ロジャーズ:禍福は糾える縄の如し

2017/01/23

冒険投資家ジム・ロジャーズ氏が、楽観ムード漂う市場の現状を心配した。 いつ危機が起こってもおかしくないと見る一方、そうなれば大きなチャンスも訪れるという。

ガンドラック:金利を見るには銅を見ろ

2017/01/23

Barron’s主催の年初のラウンドテーブルの続報。 新債券王ことDoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏の発言から、示唆に富む部分を紹介する。

レイ・ダリオ:恐慌かバブルか

2017/01/23

Bridgewater AssociatesのRay Dalio氏が、トランプ大統領と政権についてコメントした。 これからの未来を、1930年代とレーガン政権以降の2つの時代に喩えている。

ローレンス・サマーズ

サマーズ:幻滅、期待、計画

2017/01/22

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、心折れることなくトランプ批判を続けている。 口をつぐんだりへつらったりする人への幻滅を語る一方、現在の楽観ムードはほどなく終わると警告している …

ブラックロック

ラリー・フィンク:貸し手の日中を大切にすべき

2017/01/22

資産運用の世界最大手BlackRockのCEO、Laurence D. Fink氏は、ドル高が米経済に悪影響を及ぼしかねないと警告した。 国内産業の競争力低下により貿易収支が悪化しかねないため、米国の …

ビル・グロス:4%成長に懐疑的

2017/01/22

債券王ビル・グロス氏が、トランポノミクスに懐疑的な見方を示した。 各政策にある程度の効果は認めるものの、経済成長の原動力となる生産性向上がおぼつかないという。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。