レイ・ダリオが自社をコンピュータ化

2016/12/25

Bridgewater AssociatesのRay Dalio氏が「未来の本」と称する秘密ソフト開発プロジェクトを進めているのだという。 史上最高のヘッジ・ファンドと称される運用会社の動きだけに秘密 …

米ドル

唐鎌大輔氏:「暗黙の上海合意」再燃

2016/12/24

みずほ銀行の唐鎌大輔氏が、Reutersへの寄稿で2017年のブラック・スワンを3つ挙げている。 この本題自体とても興味深いものなのだが、そこで紹介された噂話が際立ってショッキングなのだ。

【書評】日本国債が暴落する日は来るのか?

2016/12/24

ミスター円こと青山学院大学 榊原英資教授が、11月に上梓した本。 国債は暴落するのかという皆が心配していながら表には出にくいテーマを扱っている。

エラリアン:米一人勝ちはありえない

2016/12/23

独Allianz首席経済アドバイザーMohamed El-Erian氏が、トランプ・ラリー継続の条件を説明している。 国内施策だけではこのラリーを維持することはできず、同盟国や中国と協調した経済成長が …

ロバート・シラー:クーリッジ政権の再来に?

2016/12/22

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、米国株の先行きを占った。 極端な割高とは言えないとしながら、調整の可能性もあると語り、トランプ政権が世界恐慌直前のクー …

ピーター・シフ

ピーター・シフ:米経済の4つの神話

2016/12/22

Euro Pacific CapitalのPeter Schiff氏が、金価格上昇と米経済停滞を予想した。 財政従属によりインフレは放置され、実物資産である金が買われるという考え。

レイ・ダリオが語るトランプ大統領のインパクト

2016/12/22

Bridgewater AssociatesのRay Dalio氏が、トランプ次期大統領が世界に与えるインパクトについてSNSで語っている。 トランプ氏が世界にもたらす変化は考えられている以上に大きく …

浜田宏一教授:量的緩和は間違ってない

2016/12/21

内閣官房参与 浜田宏一イェール大学教授に週刊エコノミストが弁明の場を与えている。 言いたいことは理解できるものの、新鮮さという意味で魅力のなさは隠せない。

野口悠紀雄氏:マネタイゼーションが50%インフレを生む

2016/12/21

早稲田大学ファイナンス総合研究所・顧問 野口悠紀雄氏が、面白いアナロジーを紹介している。 日銀が当座預金残高を日銀券に振り返れば、50%のインフレとその後の連鎖反応に悩まされると試算されている。

早川英男氏:日本版「金融抑圧」が始まる

2016/12/21

元日銀理事の早川英男氏が、量的緩和の出口で発生する日銀の損失と対処法を提示している。 損失を銀行・預金者へ付け回す「金融抑圧」シナリオだ。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。