海外経済 投資

2021年びっくり大予想の振り返り:バイロン・ウィーン
2022年1月5日

ブラックストーンのバイロン・ウィーン、ジョー・ザイドル両氏が4日公表した「2022年のびっくり10大予想」には序文が付されている。
律儀に昨年2021年の「大予想」について自己採点をしているので、注目の数字等について見直しておこう。


「2021年のびっくり10大予想を見直すと、私たちが、回復がどう進み何が経済・市場にとって重要な示唆であるのかについてかなりよい感覚を持っていたことがわかる。・・・
私たちは自分たちや顧客の発想を拡大させるために年の出来事を推量しているのであり、(的中について)高得点を狙ってはいない。
それでも、私たちのコンセンサス外の予想のいくつかが的中するのは喜ばしいことだ。」

ウィーン氏らが序文で書いている。
恒例の「大予想」はあくまで「びっくり大予想」であって、当てにいっているわけではない。
考えるヒントを与えるためのものだ。
それでも毎年いくつか世間を驚かせるような的中があるから驚きだ。
それこそ「大予想」が長年注目を浴び続ける理由だろう。

ここでは、いくつか市場に密接した予想について振り返ろう。

  • 経済回復
    名目成長率は6%超、失業率は5%へ低下と予想。
    いずれも当時のコンセンサスよりも強かったが、現実はそれ以上になった。
  • 米国株
    年前半に20%近い調整が入るが、年後半にはS&P 500は4,500を付けると予想。
    調整はなかったが、S&P 500は年末4,766.18で終えた。
    目いっぱいのバリュエーションがついていたことから調整が入ると予想したが、予想以上の低金利・金融刺激策継続により大きな調整が起こらなかったと分析されている。
  • イールドカーブ
    米10年債利回りは2%に上昇しイールドカーブはスティープ化を予想。
    しかし、10年債利回りはインフレ上昇でも低位にとどまった。
    官民のお金があまりにも多く、海外マネーも信用力の高い米国に集まったと分析されている。
  • ドル相場
    日欧の債務拡大や低成長を嫌うお金が米国に回帰し、ドル安が反転すると予想。
    程度の差こそあれ、これは的中。

1年前に時計を巻き戻し、予想が行われた当時を思い起こそう。
2020年12月時点で判明している同11月のCPIは前月比+0.2%、前年同月比+1.2%だった。
いかに経済回復が必至だったにせよ、よくその当時にこれほど強気な予想を作ったものだ。
まさに「びっくり大予想」の面目躍如といったところだろう。

実は、経済回復の項では、より重要な予想がなされていた。
それは、2010-20年の景気サイクルを抜いて、史上最長の景気サイクルが始まるというものだ。
この予想について序文ではこう書かれている。

米経済が前例のない財政・金融刺激策の恩恵を受けてきたにしたがい、これが実現しつつあるようだ。
FRBのテーパリングは始まったばかりで、2022年にはインフレへの対処のために利上げが予想される。
このことは、おそらく景気後退が深刻な危険となるまでにさらに数年あることを示している。


-海外経済, 投資
-, , , , ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。