「 月別アーカイブ:2020年01月 」 一覧

インフレの居どころが変わる:マーク・ファーバー

2020/01/31

著名投資家マーク・ファーバー氏が、いつか起こるインフレの中身の変化について予想している。

テクノロジーがアンダーパフォームへ:バイロン・ウィーン

2020/01/31

ブラックストーンのバイロン・ウィーン氏・ジョー・ザイドル氏が2月の投資家向け書簡で、GoogleやFacebookなどテクノロジー・セクターのアンダーパフォームを予想している。

グッゲンハイム スコット・マイナード

【短信】コロナウィルスも勘案した株と金利:スコット・マイナード

2020/01/30

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、FRB金融政策がバブルを生んでいると批判し、当面の株価・長期金利を予想している。

新聞事業を1.4億ドルで売却:ウォーレン・バフェット

2020/01/30

ウォーレン・バフェット氏が、自身のトレードマークともいえる新聞事業を売却した。

ハワード・マークス

【短信】オルタナティブが求められるワケ:ハワード・マークス

2020/01/29

オークツリー・キャピタルのハワード・マークス氏が、景気と資産運用について一問一答で答えている。

【短信】コロナウィルスは金融緩和の理由になる:ダン・ファス

2020/01/29

Loomis Saylesのダン・ファス副会長が、コロナウィルスのFRB金融政策への影響についてコメントしている。

2020年の10のマクロ経済テーマ:グッゲンハイム

2020/01/29

グッゲンハイム・パートナーズが22日「2020年の10のマクロ経済のテーマ」を公表している。

ハワード・マークス

流動性、無リスク、6.5%だった:ハワード・マークス

2020/01/28

ハワード・マークス氏の投資教育のための対談の第3弾:マイナス金利の意味、政府・中央銀行の意図について語られている。

【短信】列車はまた走り出す:ジェレミー・シーゲル

2020/01/28

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授は、27日の米市場の下げでかえって強気見通しを強めたようだ。

人間の本性は変わらない:ロバート・シラー

2020/01/28

ロバート・シラー教授が、様々な角度で用いられ始めた《今回は違う》とする主張に対し、冷静にコメントしている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。