「 月別アーカイブ:2019年11月 」 一覧

【短信】来年のドル円も105-110円のレンジ相場:榊原英資教授

2019/11/30

ミスター円こと青山学院大学 榊原英資教授が、2020年のドル円相場の見通しを1ドル105-110円のレンジとし、一時100円に近づく局面もあると予想している。

ダウ平均30,000へ:ジェレミー・シーゲル

2019/11/30

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、ダウ平均30,000を予想している。

【短信】米市場は2020年ウームフを失う:ビル・グロス

2019/11/29

ビル・グロス氏が、来年の米株式・債券市場について「oomph」(活気)を失うと、やや弱気の予想を述べている。

先行きはナラティブの変化しだい:ロバート・シラー

2019/11/29

ロバート・シラー教授が、持ち直しの兆しが見える米住宅市場についてコメントし、景気の先行きの予想が難しいとこぼしている。

米株価はフェア・バリューか少し割安:バイロン・ウィーン

2019/11/28

ブラックストーンのバイロン・ウィーン氏が、超人的な精神力で米国株市場に対し(短期的)強気予想を述べている。

金融政策はルーズ・ルーズ・ルーズ:モハメド・エラリアン

2019/11/28

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、中央銀行の置かれた厳しい状況を代弁した。

「アジアのプラザ合意」論:リチャード・クー氏

2019/11/27

野村総研のリチャード・クー氏が、世界の貿易不均衡を解消するための「アジアのプラザ合意」論を説明している。

これからかなり異なる環境になる:レイ・ダリオ

2019/11/27

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、パッシブ運用に適した経済環境について語っている。

詐欺発覚にはタイム・ラグがある:ジム・チャノス

2019/11/26

Kynikos Associatesのジム・チャノス氏が、金融詐欺の歴史、中国、テスラ株価について語っている。

【休憩】ヒリヒリする議論:リチャード・クー氏

2019/11/26

野村総研のリチャード・クー氏が、シンクタンクや野村総研について語ったインタビューの中で、氏の本音をよく表す微笑ましい発言があった。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。