「 月別アーカイブ:2019年05月 」 一覧

FRB引き締めで外国のデフォルト確率が上昇:FRB

2019/05/31

FRBのエコノミストが、米金融政策と外国での銀行危機発生との関係を分析している。 それによれば1%の引き締めがデフォルト確率を1-7%引き上げるのだという。

米中摩擦の織り込み度合い:ジェレミー・シーゲル

2019/05/30

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、米中貿易摩擦の市場への織り込み度合いについてコメントした。 市場は80-90%の確率で合意を織り込んでいるが、状況は日々不確実性を増していると話した。

ハワード・マークス

マクロが重要だがミクロで戦う:ハワード・マークス

2019/05/29

Oaktree Capitalのハワード・マークス氏が応じた高校の投資クラブとの一問一答の第3弾。 ミクロかマクロか、また人生のアドバイスを語っている。

ハワード・マークス

結局何を買ったら儲かるの?:ハワード・マークス

2019/05/28

Oaktree Capitalのハワード・マークス氏が応じた高校の投資クラブとの一問一答の第2弾。 投資の世界でうんざりするほどなされる質問に対してマークス氏が論理だった解説をしている。

自社株買いが増えたワケと法人減税のイミ:ジェレミー・シーゲル

2019/05/27

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、米企業による自社株買い増加の原因について解説している。 一昨年の税制改正を評価しつつも、残された問題点への不満も表明している。

ハワード・マークス

集中か分散か、選択と結果:ハワード・マークス

2019/05/26

Oaktree Capitalのハワード・マークス氏が、高校の投資クラブのインタビューに一問一答で応じている。 生徒のレベルの高い質問にも驚くが、マークス氏がプロに対するのと同様の答を返しているところ …

ドル危機に備える投資戦略:ピーター・シフ

2019/05/25

Euro Pacific Capitalのピーター・シフ氏が、米ドル危機の到来を予想している。 危機時にも利益をとりうる投資としてコモディティと新興国市場を挙げている。

米ドルが準備通貨でなくなる日:ピーター・シフ

2019/05/24

Euro Pacific Capitalのピーター・シフ氏が、米ドルの準備通貨としての特権が失われる時が来ると予想した。 この変化は不可避だとし、そうなれば米国民の生活水準は大きく低下すると話した。

【短信】デビッド・テッパー氏がヘッジファンド事業からの引退を検討

2019/05/24

Appaloosa Managementのデビッド・テッパー氏が、ヘッジファンド・ビジネスからの引退を考えていると報道されている。 WSJやBloombergなどが報じている。

Amazon/Google/Uber効果の3段階:モハメド・エラリアン

2019/05/23

Allianz首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、Amazon/Google/Uber効果後に起こりうるインフレについて書いている。 現在はまだ3段階のプロセスの初期段階にすぎないのだとい …

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。