「 月別アーカイブ:2019年03月 」 一覧

イールド・カーブ逆転から景気後退への伝達経路:ロバート・シラー

2019/03/31

ロバート・シラー教授が、米イールド・カーブの長短逆転に対する市場の受け止めについて過剰反応だと指摘している。 そういいながらも、イールド・カーブ逆転には間接的なリスクもあると解説した。

ウォーレン・バフェット氏、過去の証券犯罪を自白

2019/03/31

オマハの賢人ウォーレン・バフェット氏が新規上場株への無関心を語った。 その中で、あろうことか過去の重大な証券犯罪を告白した。

ブラックロック

イールド・カーブ長短逆転は杞憂:ブラックロック

2019/03/30

資産運用の世界最大手ブラックロックが、米イールド・カーブの長短逆転についてコメントしている。 米国債市場では、3か月と10年の利回りが逆転したとして、市場の不安を掻き立てている。

住宅市場のロング/ショート・スプレッド:ロバート・シラー

2019/03/30

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、曲がり角に来たように見える米住宅市場について語った。 市場の下落を心配しつつ、逆に上がりすぎた住宅価格の弊害にも目を配 …

イールド・カーブ長短逆転は杞憂:モハメド・エラリアン

2019/03/29

Allianz首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、右に左に振れる市場心理に警告している。 まだ第1四半期のうちに、FRBの年内ハト派転換を織り込むのは行き過ぎだという。

もしも私が短期のトレーダーだったら・・・:ジェレミー・シーゲル

2019/03/28

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、米国株市場の見通しについて厳しい見方を示した。 めずらしくある短期トレードを推奨しており、それが教授の弱気度合いを表している。

ブラックロック

米国株市場の利益予想は高すぎる:ブラックロック

2019/03/27

資産運用の世界最大手ブラックロックのJean Boivin氏が、市場の利益予想が高すぎると警鐘を鳴らしている。 今後、米企業は景気サイクル終期につきものの利益率低下に見舞われると予想している。

ドル円相場-円高ドル安を見込むのはまだ早い:佐々木融氏

2019/03/27

JP Morganの佐々木融氏が、米イールド・カーブの一部長短逆転にコメントした。 今回の逆転はだましの可能性もあるとし、仮に景気後退が来る場合でも急いで円を買うのは早計と話した。

東京証券取引所アローズ

【書評】データを集める技術

2019/03/26

佐々木拓郎氏によるスクレイピングの入門書。 「最速で作るスクレイピング&クローラー」という副題がついている。(浜町SCI)

環境変化は言い訳にすぎない:ピーター・シフ

2019/03/26

Euro Pacific Capitalのピーター・シフ氏が、ハト派への転換を鮮明にしたFRBについてコメントした。 いつもながらベアな見方だが、今回は特にFRBに対する批判がすさまじい。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。