「 月別アーカイブ:2019年01月 」 一覧

景気は拡大し、金融は不安定化する:グッゲンハイム

2019/01/31

Guggenheim Partnersのスコット・マイナード氏が、昨日のFOMCについてコメントした。 同社の10の予想の第1段階が実現したとして、金融市場のリスク増大を心配している。

ジェローム・パウエルは市場に屈服した:ジェフリー・ガンドラック

2019/01/31

新債券王ことDoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏が、FRBがハト派に振れた胸の内を語っている。 ハト派に振れたことを喜ぶのは、そうなった背景を考えると早計と暗示した。

FRB利上げは終わり、来年は利下げも:モハメド・エラリアン

2019/01/31

独Allianz首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、米金融政策について予想した。 米経済に自信を示しながらも、今年FRB利上げはなく、来年あるとすれば利下げだと予想している。

【短信】今最も弱い景気先行指標:ジェフリー・ガンドラック

2019/01/30

新債券王ことDoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏が、景気先行指標が悪化しつつあると指摘した。 今最も弱いのは、消費者の先行きに対する見通しだという。

円高が進みにくくなったワケ:佐々木融氏

2019/01/30

JPモルガンの佐々木融氏が、以前に比べて容易に円高が進みにくくなった為替相場について解説している。 背景には日本経済の大きな構造変化が存在するという。

中国は趨勢的な低成長経済へ:ケネス・ロゴフ

2019/01/30

元IMFチーフ・エコノミスト ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授が、2019年の世界経済の見通しを語っている。 中国が最大のリスクである一方、米国は良好な推移が見込まれるという。

歴史は逆を指している:デービッド・アインホーン

2019/01/30

Greenlight Capitalのデービッド・アインホーン氏が、最悪の2018年を振り返った。 また、世界中の政府・中央銀行の放漫な政策に対するヘッジの必要性を説いている。

FRBは保有MBSを短期米国債にスワップする:BAML

2019/01/29

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BAML)がFRBの金融政策正常化について気になる予想を公表している。 FRBが、量的緩和において買い入れたMBSを年限の短い米国債とスワップするというのだ。

今後2-3年の市場・経済リスク増大:レイ・ダリオ

2019/01/29

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、今後2-3年のうちに起こることを予想しようとしている。 政治・社会の変化が、市場・経済のリスクを増大させると警戒している。

ボラティリティ上昇時の退避先なら短期米国債、日本円、金:HSBC

2019/01/29

HSBCが1千万回におよぶシミュレーションを行い、リスク・オフの局面で優れた退避先となる資産クラスを選定している。 株式ボラティリティ上昇に際して最良の退避先となるのは短期の米国債、続いて日本円、金な …

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。