「 年別アーカイブ:2018年 」 一覧

FT「今年の人」にジョージ・ソロス氏

2018/12/26

The Financial Timesの「今年の人」にジョージ・ソロス氏が選ばれた。 今回は選ぶ側、選ばれる側に、単純でない気持ちがこもっているようだ。

ブラックロック

サイクル終盤はヘルスケア:ブラックロック

2018/12/26

資産運用の世界最大手BlackRockが『Global Investment Outlook 2019』を公表した。 その中で世界の株式市場のセクター別魅力度について触れている。

サブプライム証券の化身:カーメン・ラインハート

2018/12/26

著書『国家は破綻する』で有名なハーバード大学カーメン・M・ラインハート教授は、サブプライム/リーマン危機が形を変えて再現するのを心配している。 それは、企業債務の証券化商品だ。

パッシブ投資家になるな:ガンドラック

2018/12/25

新債券王ことDoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏のCNBCインタビュー第4弾。 パッシブ投資への嫌悪と最良ならびに最悪の投資戦略が語られている。

FRBはS&Pで400下落まで気にしない:デビッド・テッパー

2018/12/25

Appaloosa Managementのデビッド・テッパー氏が、FRBの金融政策を批判した。 5箇条のコメントの第5条で、ある投資先を提示している。

甘く考えるな:ローレンズ・サマーズ

2018/12/24

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、珍しく投資家向けアドバイスを語っている。 米経済・市場のリスクは増したとし、投資家がとるべき基本的スタンスを推奨している。

米経済は2019年1%成長へ:ブリッジウォーター

2018/12/24

ブリッジウォーターでレイ・ダリオ氏らと共同CIOを務めるグレッグ・ジェンセン氏が、2019年中の米経済の急速な鈍化を予想した。 米市場には弱気とし、新興国市場で相対ポジションをとっているという。

有害な資産はいつも存在する:グリーンスパン

2018/12/23

アラン・グリーンスパン元FRB議長が、米市場からの退避を奨めている。 金利上昇が株価を押し下げることになるとし、スタグフレーションの到来を予想している。

FRBが市場フレンドリーでなくなったワケ:ジェレミー・シーゲル

2018/12/23

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、19日のFOMCについてコメントした。 FRBが市場に対して優しくなくなった理由を端的に解説している。

株価下落の本当の原因:ロバート・シラー

2018/12/22

ロバート・シラー教授が最近の株価について、安易にFRBのせいにするのは間違いだと指摘している。 FRBの政策はむしろ理に適っているとし、別のところに主因がある可能性を見逃してはいけないと諭している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。