「 月別アーカイブ:2018年10月 」 一覧

ピーター・シフ:FRBと米市場の逃れられない運命

2018/10/31

Euro Pacific Capitalのピーター・シフ氏が、いつもながら不吉な予言を語っている。 あわせて終末に備えるための意外とまともな投資戦略を話している。

【First Read】日銀の脚注を読む

2018/10/31

本日の日本銀行の金融政策決定会合のリリース文を読んでおこう。 目新しい変化ではないのだが、恒例となりつつある反対意見についての脚注だ。

ガンドラック:長期金利はピークを打っていない

2018/10/31

新債券王ことDoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏が、金利と株価についてコメントしている。 はっきり名言しないものの、とても陰鬱な見通しを示唆している。

マーティン・フェルドシュタイン

フェルドシュタイン:金利上昇から景気後退への伝達経路

2018/10/31

民主党・共和党両政権で要職を務めたマーティン・フェルドシュタイン ハーバード大学教授が、正統的なアプローチで明日の問題を議論している。 目新しい命題ではないが、明解・緻密に整理されたロジックは危機感を …

ウォール街

ゴールドマン 、モルスタ、JPモルガン:強気?弱気?

2018/10/30

以前紹介したとおり、強気のゴールドマン・サックスと弱気のモルガン・スタンレーのダイバージェンスが止まらない。 JPモルガンも加えて、足元の相場について3社の見通しを眺めてみよう。

バイロン・ウィーン:強気相場はまだ1年以上続く

2018/10/30

Blackstoneのバイロン・ウィーン氏が、11月の市場コメンタリーで従前からの強気予想を継続した。 米国株の強気相場は少なくともあと1年は続くという。

ジェフリー・サックス:米大統領の殺人の歴史

2018/10/30

コロンビア大学のジェフリー・サックス教授が、米大統領の血塗られた歴史を批判している。 1強による統治は行き過ぎを招くとし、議会による監視の必要性を訴えている。

ガンドラック:金利上昇と信用リスクに気をつけろ

2018/10/29

新債券王ことDoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏が、米社債市場や米財政について語った。 米国を社会主義が支配する時代が訪れるのだという。

ロバート・シラー:住宅急落は予想していない

2018/10/29

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、現在の市場心理を読み解いている。 現在とサブプライム危機前とでは市場心理の状況はまったく異なっているという。

レイ・ダリオ:消去法で残るものはほとんどない

2018/10/28

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、投資先を見いだしがたい現状について解説している。 本来なら現金保有で解決できるはずが、問題はそう単純ではないのだという。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。