「 月別アーカイブ:2018年07月 」 一覧

ピーター・シフ:逆ざや化が不況をもたらすのではない

2018/07/31

Euro Pacific CapitalのPeter Schiff氏が、市場の恐れるイールド・カーブ逆ざや化について解説している。 今回は逆ざや化は起こらないと分析し、それでも景気後退がやってくると予 …

【輪郭】イールド・カーブをめぐる戦い

2018/07/31

2%物価目標の達成遅れが確実となったことで、日銀は長期戦にむけたさらなる備えを余儀なくされている。 本日公表された「展望レポート」によれば、2%物価目標(消費増税分を除く)の達成予想時期は、4月時点の …

【短信】モルスタの弱気とJPモルガンの強気

2018/07/31

米モルガン・スタンレーの弱気予想が徹底している。 2月を超える下げ相場がすでに始まったのだという。

試されるイールド・カーブ・コントロール

2018/07/31

31日までの日銀金融政策決定会合は、初めてイールド・カーブ・コントロール(YCC)が試されるステージになるかもしれない。 YCCを突き崩すとすれば、それは日銀自身が捨て去った純粋期待仮説である。(浜町 …

浜田宏一教授と岩村充教授の異次元対談

2018/07/30

日経電子版にイェール大学 浜田宏一教授と早稲田大学 岩村充教授の対談が載っている。 現実にとらわれない学者の議論には、時々、上下左右がひっくり返ったような感覚を覚える。

米ドル

マーティン・フェルドシュタインの貯蓄率向上策

2018/07/30

民主党・共和党両政権で要職を務めたMartin Feldsteinハーバード大学教授が、米家計貯蓄率の向上策を提案している。 貯蓄を増やし投資を増やす趣旨とされているが、どうも勘繰りたくなる提案なのだ …

エラリアン:永遠の流動性・経済同時拡大との恋

2018/07/30

独Allianz首席経済アドバイザーMohamed El-Erian氏が、日米の金融政策についてコメントしている。 金融政策等によって投資のパラダイムが大きく変化したとして、投資家の審美眼が重要になっ …

ジム・ロジャーズ:仮想通貨はいつか消滅する

2018/07/29

ジム・ロジャーズ氏が、現状の投資戦略を明かしている。 テクノロジーには寛容なロジャーズ氏だが、仮想通貨はいつか消滅すると語ったという。

ロゴフ、グロス:実質成長率4.1%が告げるもの

2018/07/29

27日に公表された、第2四半期の米経済成長率(速報)は前期比(年率換算)4.1%と好調だった。 トランプ大統領は懲りずにフライングで誇示したが、経済学者や市場関係者は異なるメッセージを読み取ったようだ …

【短信】モルガン・スタンレー:ドル円の目標104円

2018/07/28

米経済・市場への弱気スタンスが目立つモルガン・スタンレーが、米ドルについても弱気予想をしている。 ドルが弱気トレンド入りするとして、ドル円の目標を104円としている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。