「 月別アーカイブ:2018年05月 」 一覧

河野龍太郎氏:所得分配より経済成長が先

2018/05/31

BNPパリバの河野龍太郎氏が「経済成長が先か、所得分配が先か」という問いについてReutersで論じている。 そのコラム、ある意味でとても面白い。

早川英男氏:アベノミクスの化けの皮

2018/05/31

元日銀理事の早川英男氏は、円高が日銀を窮状に陥れかねないと心配している。 米トランプ政権からは円安を責められ、日本政府からは円安を求められ、立ち往生しかねないという。

ロバート・シラー:バランスをとれ

2018/05/31

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、米国株市場の市場心理を解説している。 その上で、米国株へのエクスポージャーを再点検するよう奨めている。

エラリアン:世界経済は同時拡大していない

2018/05/30

独Allianz首席経済アドバイザーMohamed El-Erian氏が、世界経済について慎重な見方を示した。 世界同時的な経済拡大という見方は誤解にすぎないという。

ジム・ロジャーズ:クレムリンのビフォー/アフター

2018/05/30

ジム・ロジャーズ氏が、東側版ダボス会議と言われるサンクトペテルブルク国際経済フォーラム出席の合間にインタビューに応じている。 東側に利用されることなく、見識あるスクウェアな見解を語っている。

ソロス:金融危機が近づいている

2018/05/30

ジョージ・ソロス氏がEUの現状について危機感を示した。 新興国通貨からの逃避が新たな金融危機の引き金になりかねないと指摘している。

加藤出氏:非常に社会主義的な政策選択

2018/05/29

東短リサーチの加藤出氏が、日銀の社会主義的な市場介入を批判している。 日銀よりはるかに金融緩和の規模が小さかったFRBとの違いを対比させている。

ピーター・シフ:FRBが早く利上げをやめるワケ

2018/05/29

Euro Pacific CapitalのPeter Schiff氏が、5月のFOMC議事録についてコメントした。 FRBの利上げプロセスが予想以上に早く終わる可能性を提示し、その原因を指摘している。

ジム・ロジャーズ:もはや自由の国ではない

2018/05/29

冒険投資家ジム・ロジャーズ氏が、門戸を閉ざす母国を嘆いている。 トランプ政権の攻撃的外交が、米国や市民・企業に不利に働いているという。

ソーシャル・メディアがもたらす結末

2018/05/29

フィクスト・インカム分野のコンサルタント/コメンテーターJames Bianco氏が、ソーシャル・メディアと経済統計の関係について論じている。 ソーシャル・メディアが「金融・経済ニュース」を氾濫させた …

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。