「 月別アーカイブ:2018年01月 」 一覧

バイロン・ウィーン:すり合わない株価と金利

2018/01/31

Blackstone Advisory PartnersのByron R. Wien氏による2月の市場コメンタリーは、先月発表した今年の「10のサプライズ」の詳説だ。 その内容を見ると、株の強気サプラ …

【短信】ビル・グロス:3%で経済への悪影響が

2018/01/31

債券王ビル・グロス氏が、米長期金利上昇の経済への悪影響について予想をしている。 揚げ足を早めた長期金利は、思ったより早く、株式市場だけでなく一部経済にも影響を与えるかもしれない。

ガンドラック:コモディティを買うべき理由

2018/01/31

新債券王ことDoubleline CapitalのJeffrey Gundlach氏が、コモディティ、金の上昇を予想した。 また、ジャンク債について地合いの悪さを指摘している。

ゴールドマン・サックス

ゴールドマン:調整は平均4か月-13%-4か月

2018/01/31

ゴールドマン・サックスが今後数か月中の株式市場の調整を予想した。 その時に備えて、押し目買いのタイミング等を想定しておくべきと奨めている。

債券王たちのつぶやき

2018/01/30

ビル・グロス氏、ジェフリー・ガンドラック氏が短くツイートしている。 債券市場が動くたびに発信されるツイートは、きっちり理解しておこう。

アラン・ブラインダー:バブルかも、でも対応不要

2018/01/30

アラン・ブラインダー元FRB副議長が、上昇を続ける米株式市場について心配している。 ただし、現在の価格上昇はレバレッジ拡大をともなっておらず、中央銀行が対応を急ぐべきものではないという。

ピーター・シフ

ピーター・シフ:長期金利4%で市場は崩壊する

2018/01/30

Euro Pacific CapitalのPeter Schiff氏が、米長期金利の上昇を予想した。 3%は意外に早くやってきて、3.25%を抜ければ4%までは近く、そこで終わりがやって来ると言う。

伊藤隆敏教授:日本にインフレは来るか?

2018/01/29

次期日銀総裁候補とも噂された伊藤隆敏コロンビア大学教授は、日本のリフレが峠に差し掛かったと指摘している。 あと少し経済が温まればインフレが立ち上がる地点までやってきているという。

クルーグマン:米潜在成長率1.5%の根拠

2018/01/29

トランプ大統領からフェイク・ニュース大賞に選ばれても、ポール・クルーグマン教授の心が折れることはない。 28日も卓越した想像力でデータの相関を見出し、トランプ政権批判を繰り広げている。

【Tweet】コインチェック、3つの火種と2つの疑問

2018/01/29

一番不思議に思ったことは、この会社が460億円も持っているということだ。 (本稿は浜町SCI 山田泰史のツイートを元に浜町SCIが加筆したものです。)

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。