「 月別アーカイブ:2017年12月 」 一覧

東京証券取引所アローズ

【レビュー】2017年の注目記事

2017/12/31

あっという間に過ぎた2017年、世界の投資家にとっては恵まれた市場環境となった。 今年1年をその時々に特徴的な記事で回顧しよう。

ビル・グロス:問題なのは名目金利ではなく実質金利

2017/12/30

Janus Henderson Investorsの2018年見通し「Market GPS」の中で、ビル・グロス氏のコメントがいくつか紹介されている。 Junusの他のアドバイスとともにチェックしてお …

浜田宏一教授:2%のインフレは人々の生活を貧しくする

2017/12/29

内閣官房参与 浜田宏一イェール大学教授が、物価目標に拘泥する中央銀行の姿勢に疑問を呈している。 物価上昇は人々の生活を苦しめる面もあり、物価目標だけでなく悲惨指数なども重視すべきと説いている。

デービッド・アインホーン

アインホーン:年に数回の意見の相違

2017/12/28

Greenlight CapitalのDavid Einhorn氏が、投資にあたっての重要な心得を語っている。 グリーンライト成功の最大のカギはクリティカル・シンキングにあったのだという。

木内登英氏:2%物価目標は傲慢

2017/12/27

7月まで日銀審議委員を務めた木内登英氏が、異次元緩和のイデオロギー部分に挑んでいる。 物価目標の2%という数字には意味がないと言い切っている。

マーティン・フェルドシュタイン:経済の安全は国防

2017/12/27

民主党・共和党両政権で要職を務めたMartin Feldsteinハーバード大学教授は、今月ホワイトハウスが発表した『National Security Strategy』(国防大綱,NSS)について …

ウェルズ・ファーゴ:仮想通貨の泡が伝染する

2017/12/27

Wells Fargo SecuritiesのChristopher Harvey氏が、仮想通貨市場について語った。 バブル色を強める仮想通貨市場のリスクが伝統的な金融市場に伝染する可能性に言及してい …

木内登英氏:日本は一番市場を歪めている

2017/12/26

7月まで日銀審議委員を務めた木内登英氏が、日銀の金融政策と市場へのインプレケーションについて語った。 国債市場をこのまま歪め続けると、一気に調整が起こり大きな金融不安を引き起こしかねないと警告した。

日本銀行

アレキサンダー・フリードマン:金融緩和脱出の条件

2017/12/26

UBSで最高投資責任者CIOを務めたAlexander Friedman氏が、非伝統的金融政策についてコメントしている。 これら危機対応は早期に取りやめるべきとし、経済を市場の持つ安定化機能に委ねるべ …

ジム・オニール

【短信】ジム・オニール:2018年は実に有望な年に

2017/12/25

BRICsの生みの親Jim O’Neill氏が、世界経済の見通しと新興国投資について語った。 米経済はほぼ完璧な状態とし、世界経済が同時拡大を遂げている点を強調している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。