「 月別アーカイブ:2017年11月 」 一覧

ゴールドマン・サックス

ゴールドマン:良いことはすべて去り・・・

2017/11/30

米ゴールドマン・サックスが米市場の先行きについて強い懸念を示している。 株式・債券等幅広い米資産市場が1900年以来の高値圏にあり、この巻き戻しが投資家を苦しめるのだという。

河野龍太郎氏:バブル崩壊は2019年

2017/11/30

BNPパリバ 河野龍太郎氏のコラム読解の2回目。 前回テーマはイノベーションと総需要だったが、今回は各国の政策対応を占おう。

河野龍太郎氏:イノベーションが需要の伸びを阻害する

2017/11/30

BNPパリバの河野龍太郎氏が、迷路に迷い込んだ世界経済の構図を解説している。 2つの大きなメッセージが込められた同氏のコラムを2回に分けて読み解いてみよう。

デビッド・テッパー

デビッド・テッパー:金融政策正常化は多難

2017/11/29

Appaloosa Managementのデビッド・テッパー氏は、前途多難なFRBの金融政策正常化を予想した。 正常化はあるべき道としながら、市場がそれに順応する過程で厳しい現実が訪れるとの見方だ。

バブル

アナトール・カレツキー:バブルじゃない

2017/11/29

FTなどでコラムニストを務めたAnatole Kaletsky氏が、現在の株高を「根拠ある熱狂」と称している。 金融危機後に講じられた非伝統的金融政策がついに実を結んだとの見方だ。

ブラックロック

ブラックロック:リフレからインフレへ

2017/11/29

資産運用の世界最大手BlackRockのRichard Turnill氏が2018年の米経済を予想している。 2018年は好材料が重なりインフレの上昇が見込まれるため、FRBの利上げも順調に進むだろう …

ジム・ロジャーズ:米国株が破裂すれば日本株を買う

2017/11/28

ジム・ロジャーズ氏がいつものいたずら心でキャスターや視聴者を笑わせた。 米市場の見通しについて2度尋ねられても、答えようとしなかったのだ。

岩村充教授:日本の危機が始まる瞬間

2017/11/28

岩村充 早稲田大学教授が、異次元緩和の出口戦略について頑なに口を閉ざす日銀を批判している。 週刊エコノミストへの寄稿で、異次元緩和の出口シナリオを論じている。

白井さゆり教授:これ以上恵まれた年はない

2017/11/28

昨年3月まで日銀審議委員を務めた白井さゆり慶應義塾大学教授が、日銀も早期に金融政策正常化を進めるよう説いている。 このままで数年後に景気後退局面を迎えれば、日銀に金融緩和の余地は小さく、経済・金融・市 …

SF連銀:イールド・カーブ平坦化は謎ではない

2017/11/27

サンフランシスコ連銀が最近の米イールド・カーブ平坦化の要因を分析している。 理由のあることとしながらも、油断すべきではないと釘を刺している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。