河野龍太郎氏:イノベーションがバブルを後押し

Share

BNPパリバの河野龍太郎氏は、日銀の金融緩和が金融の不安定を及ぼしかねないと指摘した。
構造的に賃金が上がりにくい環境でインフレを偏重して過度な金融緩和を続ければ、資産価格・経済を過熱させかねないという。
“河野龍太郎氏:イノベーションがバブルを後押し” の続きを読む

木内登英氏:物価目標が出口を遠くする

Share

7月まで日銀審議委員を務めた木内登英氏が、欧米に後れを取っているように見える日銀の金融政策について懸念を語った。
欧米からの後れが大きくなるほど、正常化に踏み出す際の市場の反応が大きくなりかねないという。
“木内登英氏:物価目標が出口を遠くする” の続きを読む

ドイツ連銀総裁、ストック・ビューを支持

Share

26日のECBのテーパリング決定を受け、ドイツ連邦準備銀行イェンス・バイトマン総裁が歓迎のコメントを語っている。
ECBは月当たりの資産買入れ額を現在の600億ユーロから来年年1月に300億ユーロに半減し、買入れの期間は9か月延長すると決定した。
“ドイツ連銀総裁、ストック・ビューを支持” の続きを読む

レイ・ダリオ:債券市場のリスクが高まる

Share

Bridgewater AssociatesのRay Dalio氏は、FRBのバランスシート縮小によって米債券市場が極めて大きなリスクにさらされていると警告した。
さらに、トランプ政権が減税など財政政策を実行すれば、債券市場の需給は大きく悪化しかねないという。
“レイ・ダリオ:債券市場のリスクが高まる” の続きを読む

ラリー・フィンク:長期リターンは多くを望めない

Share

資産運用の世界最大手BlackRockのCEO、Laurence D. Fink氏が、世界経済や足元の株式市場について強気の見方を示した。
一方で、長期のホライズンでは、ポートフォリオのリターンは約4%以下にとどまるだろうという。
“ラリー・フィンク:長期リターンは多くを望めない” の続きを読む

ガンドラック:欧州での信用危機に注意しろ

Share

新債券王ことDoubleline CapitalのJeffrey Gundlach氏が、欧州での信用危機の可能性を警告した。
ガンドラック氏は昨晩、米金利が本格的な上昇に転じる可能性に言及していた。
“ガンドラック:欧州での信用危機に注意しろ” の続きを読む

白井さゆり教授:自らの足をひっぱる金融緩和

Share

昨年3月まで日銀審議委員を務めた白井さゆり慶應義塾大学教授が、日銀の異次元緩和が長く続く理由を説明している。
日本の自然利子率が低く、金融緩和自体がその低下要因となりうるため、金融緩和が効きにくいのだという。
“白井さゆり教授:自らの足をひっぱる金融緩和” の続きを読む