シラー:弱気相場は収益やボラティリティと関係なくやって来る

Share

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、過去の米市場の弱気相場をデータで検証している。
それによると、現在の状態は過去13例と共通点を有しているのだという。
“シラー:弱気相場は収益やボラティリティと関係なくやって来る” の続きを読む

ブラックロック:米銀株の魅力が高まる

Share

資産運用の世界最大手BlackRockのRichard Turnill氏が、米銀株の中期的な上昇を予想している。
現状の弱いインフレは一過性のもので、FRB金融政策正常化によるイールド・カーブのスティープ化が銀行収益に有利に働くという。
“ブラックロック:米銀株の魅力が高まる” の続きを読む

セス・クラーマンの10のアドバイス

Share

高名なバリュー投資家、Baupost GroupのSeth Klarman氏の投資アドバイスをMorningstarが紹介している。
ついつい陥りがちな落とし穴を避けるための心得がコンパクトにまとまっている。
“セス・クラーマンの10のアドバイス” の続きを読む

ジム・ロジャーズ:下げる「恐れ」、ETFの「恐れ」

Share

冒険投資家ジム・ロジャーズ氏が、弱気相場を知らない世代が増えつつある現実を危ぶんでいる。
ひとたび弱気相場がやってくれば、強気相場で好まれてきたETFが大きな下げに見舞われるだろうという。
“ジム・ロジャーズ:下げる「恐れ」、ETFの「恐れ」” の続きを読む

ジェレミー・シーゲル:米国債に近づく需給悪化

Share

ウォートンの魔術師 ジェレミー・シーゲル教授が、FRBバランスシート縮小の経済・市場への影響を心配した。
その反面、米国株については年内にも法人減税が実現すると予想し、米株価の10%上昇を予想した。
“ジェレミー・シーゲル:米国債に近づく需給悪化” の続きを読む

【輪郭】ビットコインが投資でない本当のワケ

Share

最近、金融界の大物たちが仮想通貨やビットコインについて批判的ととれる発言をしている。
これに対してビットコイン信者たちは過剰とも思える反応をしているが、一つ重要な視点が抜けているように感じる。(浜町SCI)
“【輪郭】ビットコインが投資でない本当のワケ” の続きを読む

バイロン・ウィーン:FRBにとっての最善の策

Share

Blackstone Advisory PartnersのByron R. Wien氏が、2017-18年は米国株投資にとって絶好の環境と話している。
その裏には、FRBの金融政策がとり得る選択肢の少なさがあるようだ。
“バイロン・ウィーン:FRBにとっての最善の策” の続きを読む

レイ・ダリオ:平均的な投資家の落とし穴

Share

Bridgewater AssociatesのRay Dalio氏が、バランスのとれたポートフォリオの重要性を説き、いくらか金を持つよう勧めている。
ダリオ氏によれば、投資とはオリンピックより過酷な戦いなのだという。
“レイ・ダリオ:平均的な投資家の落とし穴” の続きを読む