「 月別アーカイブ:2017年02月 」 一覧

アデア・ターナー

【書評】債務、さもなくば悪魔

2017/02/28

英金融サービス機構の元長官で、以前から日本にヘリコプター・マネーを勧めてきたアデア・ターナー氏の著書。 タブーを打破しようという本書は、民間の信用創造を悪とし、それを肩代わりした公的債務にマネタイゼー …

渡辺努教授:シムズ提案はトリクルアップ

2017/02/28

東京大学の渡辺努教授が、物価水準の財政理論FTPLに基づくクリストファー・シムズ教授の財政拡張案について解説している。 インフレ期待を醸成するための妙案が提案されており興味深い。

マーク・ファーバー

マーク・ファーバー:資源株が有望

2017/02/27

スイス人著名投資家マーク・ファーバー氏が、米国株についての弱気予想を継続した。 米国株は何かのきっかけで「雪崩」のように下げる心配があり、中国などアジア新興国や資源株への投資を勧めている。

ロバート・シラー:トランプは約束を守っている

2017/02/27

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、慎重な口調ながら米国株のポジションを減らすよう勧めた。 政策効果でさらに上げる可能性があるとしながら、大統領が約束を守 …

ジム・ロジャーズ:ロシア、農業、米ドルだ

2017/02/27

冒険投資家ジム・ロジャーズ氏がFoxで、米ドルに対する強気の見方を繰り返した。 トランプ大統領が貿易戦争を始めれば、世界の金融市場が混乱に陥り、米ドルがバブルになる可能性があるという。

バフェット:サルの方がまし

2017/02/26

ウォーレン・バフェット氏が、バークシャー・ハザウェイの年次株主向け書簡で、9年前から始めた公開の賭けについて説明している。 高率の手数料を課すヘッジ・ファンドに対し、サルより始末が悪いと当てつけている …

エラリアン:バフェットの手紙の5つのハイライト

2017/02/26

独Allianz首席経済アドバイザーMohamed El-Erian氏が、バークシャー・ハザウェイの年次株主向け書簡についてコメントしている。 エラリアン氏は毎年、ウォーレン・バフェット氏の書簡を読む …

ウォーレン・バフェット:パニックでの2つの心得

2017/02/26

米バークシャー・ハザウェイの年次株主向け書簡が25日に公表された。 総じて強気の見方であるものの、市場下落・パニックも起こるだろうとし、その際忘れてはいけない2つの心得を説明している。

ガンドラック:水面下で進むリスク・オフ

2017/02/25

新債券王ことDoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏が、株式市場と債券市場のセンチメントの乖離を指摘している。 債券市場では慎重な見方が優勢であり、国債利回りはしばらく低位が続 …

デービッド・アインホーン

デービッド・アインホーン:国債のショートを拡大した

2017/02/24

Greenlight CapitalのDavid Einhorn氏が、2016年第4四半期のレビューをした。 金利上昇を予想し国債のショートを増やしたほか、株式のロングを拡大している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。