2017-3Qにレイ・ダリオが買った銘柄、売った銘柄

Share

レイ・ダリオ氏率いるBridgewater Associatesが四半期の保有報告書13Fを提出した。
7-9月に買った銘柄・売った銘柄を調べておこう。


まず目立つのは、報告された投資総額だ。
 6月末: 343銘柄、10,919百万ドル
 9月末: 286銘柄、14,906百万ドル
リターンもあったろうが、多くはエクスポージャーを増やしたことによるものだろう。
(同社が運用するファンドの一つ(Pure Alpha)がこの四半期好調で年初来プラスに転じたとの報道もあったが、そうした上げ幅では今回の増加分は説明できない。)
では、何を増やしたのか。

ブリッジウォーターが2017年3Qに増やした銘柄


上位には新興国ETFと金投資信託が並ぶ。
ダリオ氏は最近、米経済・市場への危機感をあらわにしている。
現在の状況が1937年の金融引き締め期と似ていると繰り返し話している。
その一方で、中国内でファンドをローンチするなど、再び新興国への姿勢を(相対的に)積極化している。

また、金については投資分散に役立つとして、ポートフォリオに5-10%の金を組み込むよう投資家に勧めていた。

では逆に減らした銘柄は何か。

ブリッジウォーターが2017年3Qに減らした銘柄

全体のエクスポージャーを増やしているため、金額規模は増やした銘柄より1桁小さい。
唯一目立つのは、北朝鮮リスク回避のためとみられる韓国ETF一部売却だろう。

Share