スティグリッツ:日本は債務を永久債と交換しろ

Share

ジョセフ・スティグリッツ教授が、日本のとるべき経済プランを提案した。
日本はヘリコプター・マネーを含む債務リストラを行うか、国債が国内消化だから大丈夫と信じ込むか二者択一だと指摘した。
“スティグリッツ:日本は債務を永久債と交換しろ” の続きを読む

ゴールドマン:長期金利ターゲットは財政従属を助長する

Share

ゴールドマン・サックスが日銀の「総括的な検証」についてマクロ経済モデルを使って分析している。
新政策はそれ自体では経済を加速しないとし、あわせて3つのリスクを指摘している。
“ゴールドマン:長期金利ターゲットは財政従属を助長する” の続きを読む

マーク・ファーバー:投資戦略とイベント・リスク

Share

スイス人著名投資家マーク・ファーバー氏が、広範な投資戦略とイベント・リスクの想定を語っている。
用意を許されず即答を求められたものだが、終末博士らしい面白い内容となっている。
“マーク・ファーバー:投資戦略とイベント・リスク” の続きを読む

ロバート・フェルドマン:量か金利かわからない

Share

モルガン・スタンレーのロバート・フェルドマン氏が、日銀が導入したイールドカーブ・コントロールについてコメントしている。
日銀は新たな金融政策のフレームワークについて、より丁寧に詳細を説明すべきと注文した。
“ロバート・フェルドマン:量か金利かわからない” の続きを読む

ケネス・ロゴフ:中国にハード・ランディングの懸念

Share

国家は破綻する』の著書で世界各国の財政政策に大きな影響を与えたハーバード大学 Kenneth Rogoff教授が、中国のハード・ランディングの可能性を指摘した。
また、各国中央銀行の独立性が危機に瀕し、ヘリコプター・マネーを求める声が高まっている点を心配した。
“ケネス・ロゴフ:中国にハード・ランディングの懸念” の続きを読む

ジャック・ボーグル:イールド・ハンティングは最悪

Share

Vanguard Groupの創始者Jack Bogle氏が、現在をかつてない極端な高リスク状態と評した。
低リターンが見込まれる中、コストの低いインデックス・ファンドはますます優位性を増すだろうという。
“ジャック・ボーグル:イールド・ハンティングは最悪” の続きを読む

スキデルスキー:ヘリコプターが飛んでくる

Share

ケインズ研究で有名な、経済学者で英上院議員のRobert Skidelsky氏が、近年の金融・財政政策を解説している。
伝統的な金融・財政政策に限界が明らかな今、ヘリコプター・マネーなど非伝統的政策が実施されてしまう可能性が大きくなっているという。
“スキデルスキー:ヘリコプターが飛んでくる” の続きを読む

榊原英資教授:金融緩和は限界、円高へ

Share

ミスター円こと青山学院大学 榊原英資教授が、日本の金融緩和は限界を迎えつつあると指摘した。
日米金融政策のダイバージェンスに変調が見られ、それが円高をもたらすという。
“榊原英資教授:金融緩和は限界、円高へ” の続きを読む

グリーンスパン:ドッド・フランク法は廃止すべき

Share

グリーンスパン元FRB議長が、リーマン危機後の金融規制改革への批判を強めている。
ドッド・フランク法は効果を発揮していないとし、廃止を求めた。
“グリーンスパン:ドッド・フランク法は廃止すべき” の続きを読む