2007年に似ている:ジェフリー・ガンドラック

債券王ことDoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏は、現在の市場の雰囲気が2007年に似ていると指摘した。
2007年とはサブプライム/リーマン危機の直前を指している。


3か月前FRBは今とは全く異なる政策を予想していた。
2020年の政策を真顔で予想できるのか?

ガンドラック氏が20日のFOMCの結果についてツイートした。
今年2回と予想されていた利上げはゼロ回になり、バランスシート縮小も早期に停止する見込みとなった。
昨年10月初旬までのタカ派的なFRBは急速に180度転回したように見える。

ガンドラック氏はFRBの大きなスタンス反転に驚き、そのコミュニケーションを問題視する。

「ファンダメンタルズに変化がない中でのこのUターンは前例がない。
・・・FRBは目標としていることを明かしていない。
本当の動機は何かを話さない。」

ガンドラック氏はReuters 1)に話している。
スーパーマンのように完全無敵に見えるFRBが何かを恐れて方向転換した。
「至るところにクリプトナイト」があるようだが、FRBは何がクリプトナイトなのかを明かさない。
ガンドラック氏はCNBC 2)にも

「FRBは原油下落を1つの理由に挙げているが、12月のFOMC以降、原油は大きく上げている。
どうしてFRBは少なくとも事実として正しい理由を挙げないのか。
トランプが要求するから、欧州・中国・イールドカーブ・小売り売上・GDPを心配するからとか。」


と話し、FRBのコミュニケーションを「ガスライティング」と批判している。
(ガスライティングとは、意図的に誤った情報を与え、対象の人物が自身の正気を疑うよう仕向ける方法。)
ガンドラック氏は、真実が語られない理由を、FRBが市場に追従しているためと勘ぐっている。
FOMCメンバーの予想では2020年に1回の利上げを織り込んでいるが、市場はすでに利下げを織り込み始めていると指摘した。

ガンドラック氏は、足元の株式市場がハト派のFRBに満足していることを認めているが、先行きには相変わらず弱気な見方を続けている。
現在の市場の声が、サブプライム/リーマン危機前と似ていると不気味がる。

株式市場は最高値に近く、経済は目に見えて弱い。
それなのに、みんな『すべてがすばらしい』と言っている。 1)

と回顧し、株式市場は足元好調でもじきに弱気相場になると予想する。

2007年、FRBは数週間のうちに『引き締め気味』から『緊急の緩和』に変化した。
S&Pはその後数週間でダブル・トップをつけた。
12月のタカ派的スタンスからの変化はその時期に似ている。 2)

ダブル・トップとは相場の天井を暗示するチャートだ。
こうした弱気な見方を前提として、ガンドラック氏は1-5年ものに投資するプレイン・バニラの米国債ファンドを推奨した。 1)


 - 海外経済, 投資 , , ,