海外経済 政治

2つのドアの向こうにあるもの:ジェフリー・ガンドラック
2021年2月3日

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、将来、米国が選択を迫られる2つのドアの先について語っている。


米国がMMTやヘリコプターマネーに向かっているかについては・・・限定的に1960年代からやっている。
福祉とは、良い狙いだがただでお金を配る限定的な政策なんだ。
ブッシュ(Jr.)大統領が世界金融危機への対処でただのお金を配った。
今も行われているが、誰もそれに言及さえしない。

ガンドラック氏がFOX Businessで、閉塞感のある米社会に打開策を与えるために何をすべきか、MMTやヘリコプターマネーか、と尋ねられて答えた。
同氏はこのインタビューで米社会の現在・将来について25分間しゃべり続けている。
興味深い点が満載だが、ここでは経済寄りの部分を紹介しよう。

ガンドラック氏は、コロナ前から続いている社会保障、コロナ・ショックでさらに増えた給付金などがもたらす将来について語る。

米国では157兆ドルの未積立の負担が連邦政府・消費者・企業にある。
157兆ドルだ。
これはGDPの750%にあたる。
現在は20%の財政赤字だ。
政府は15%と言っているが、それは都合よく一時要因等を除いたものだが、実際は20%だ。

莫大な政府債務と財政赤字。
日本とも共通する課題だ。
米国がやや深刻なのは、民間部門に貯蓄がないこと。
やや有利なのは(少なくともこれまでは)海外から投資を受けられてきたことだ。

157兆ドルを返すには、3世代にわたって毎年GDPの10%分の不況に耐えなければならない。
それは起こらない。

もちろん負担のすべてを返済(または積立)する必要はなかろう。
しかし、半分だけ返すにしても、経済に悲惨な影響が及ぶはずだ。
だから、通常の意味での《返済》は起こらない。
債務に依存した成長に先食いの性格があることを考えると、恩恵を受けてきた世代の罪は重い。

ガンドラック氏は、これに対処するには「2つのドアしかない」と語る。
日本のバラエティ番組ならば、2つのドアの先にはいずれも泥水のプールが待っているのが定番だが、米国の未来はどうなのだろう。

負担をリストラする。
つまり、年金等の受給年齢を引き上げ、受給要件を引き上げ、全体も引き締める。
あるいは、インフレを通して負担を減価するしかない。

やっぱりそうだった。
長い目で見れば、世の中フリー・ランチはない。


-海外経済, 政治
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。