投資

(ヘッジファンド・ランキング)レイ・ダリオがソロスを引き離す

LCH Investments調べによる2018年のヘッジ・ファンド・ランキングが公表された。
あいかわらず、レイ・ダリオ氏のブリッジウォーター・アソシエイツが断トツのトップを走っている。

LCHのランキングは、各ファンドのスタート以来の累積リターンによるもの。
ダリオ氏のブリッジウォーターの後にはジョージ・ソロス氏のソロス・ファンド、ケン・グリフィン氏のシタデルが続く。


順位 昨年 ファンド名 運用者 受託金額
(10憶ドル
累積リターン
(10憶ドル)
2018年
リターン
設立
1 1 ブリッジウォーター レイ・ダリオ 133.0 57.8 8.1 1975
2 2 ソロス・ファンド ジョージ・ソロス 27.0 43.9 1973
3 3 シタデル ケン・グリフィン 28.6 30.7 2.1 1990
4 5 DEショー 多数 27.5 29.1 2.0 1988
5 6 バウポスト セス・クラーマン 27.4 27.4 0.4 1983
6 7 オク・ジフ ダニエル・オク 31.8 26.2 0.2 1994
7 4 ローン・パイン スティーブ・マンデル 22.5 25.9 -1.3 1996
8 8 バイキング アンドレアス・ハルボーセン 20.5 25.4 -0.6 1999
9 9 アパルーサ デビッド・テッパー 11.7 25.2 -0.2 1993
10 10 エリオット ポール・シンガー 34.7 25.1 0.8 1977

出典:LCH Investmentsによるランキングからの抜粋

2018年のリターンを見てわかるように、ダリオ氏のブリッジウォーターの圧倒的な強さが目に付く。
近時のリターンは受託金額とも大きく関係していることがうかがわれる。


-投資
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。