米ドル

 

高配当株で失敗しない5箇条

Fox Business(Motley Fool)が高配当株への投資ノウハウをレクチャーしている。
特に引退後または引退が近い人たちの投資にとって役立つだろうという。

低金利が長く続くと、かつては生活費を預金の利子で得ていた人たちが株式に向かうことがある。
とりわけ、高配当株が人気になる。
しかし、株式は債券や預金とは異なる。
Foxは投資家が陥りやすい間違いを5つ挙げている。


1. 配当利回りだけで買ってはいけない
配当利回りが高いのには理由があり、時としてよくない理由もありうる。
株価急落でそうなったのかもしれないし、配当利回りが高いから配当を減額されてしまうかもしれない。
高配当と好業績が必ずしも一致しないこともある。
配当利回りはスクリーニングの手段であり、投資の是非は中身を見て決めるべきだ。

2. 複数の相関のない産業に分散投資しろ
配当利回りを重視するあまり、特定の産業に投資が集中してしまわないよう注意しろ。


3. 生活に必要な資金を手許に残せ
市場の下落を常に回避するのは不可能だ。
そうした状況になった時に、受取配当と手許資金(現預金・債券)で生活できるよう、必要な金額を用意すべき。
株式を取り崩さなくてもいいよう5年分は用意すべきという。

4. 配当金額の決定ルールを調べておけ
配当性向など、銘柄ごとの配当金額決定ルールを確認・推測し、予想している配当金額の確度を検証すべき。
利益はあっても、高配当維持のためのキャッシュフローが足りない企業も存在する。

5. 数字だけでなく企業内容を理解しろ
財務数字以外にも、競合状況、強み・弱み、経営能力、将来性などをチェックすること。
こうした分析がチャンスを増やし失敗を減らす。
短期的な上げ下げで間違った行動に走ることがなくなる。
間違った投げ売りを回避できれば、売らずにすんだ銘柄から配当を受け取り続けることができる。

いずれも高配当株に限らず株式投資全般に言えることだ。
それなのに、比較的多めの配当が得られる点に気を取られて、チェックが甘くなりかねない。
Foxのアドバイスはそこを戒めているように読める。


 - 投資