投資

金価格2,000ドルのシナリオ:ゴールドマン

ゴールドマン・サックスが金価格予想を上方修正しているが、そこにはいくつか注意すべきシナリオも共存しているようだ。


金投資への需要は、継続的な貨幣価値低下への懸念と金利低下により、経済回復の初期に増える傾向がある。・・・
同時に、ロックダウン緩和とドル安で促進される(新興国市場の)消費需要の大きな回復を予想している。

ゴールドマンが金価格予想を上方修正したとMarketWatch 1) ほかが伝えている。
同社予想の理由は大きく3つ:

  • 先例のない大規模な金融・財政政策によりドルの価値が低下することへの懸念
  • 経済回復期待
  • ドル安の恩恵を受ける新興国市場での需要回復への期待

ゴールドマンによる金価格予想(オンスあたり米ドル)は次の通り。

ホライズン 今回 前回
3か月 1,800 1,600
6か月 1,900 1,650
12か月 2,000 1,800

足元の金上昇の要因は1つ目の《懸念》によるものだろう。
しかし、ドルの価値低下、つまりインフレ上昇はまだ決まった未来ではない。

金価格(青、左)、銀価格(赤、右)
金価格(青、左)、銀価格(赤、右)

リーマン危機後、FRBはQEなど非伝統的金融政策を開始した。
市場はこれに対し貨幣価値低下への懸念を高め、それが2012年にかけて金価格を押し上げる結果となった。
しかし、予想に反してインフレは起こらず、ついに市場はインフレへの懸念を解き、金を見限ったのだ。
ゴールドマンは、インフレ上昇が起こらなければ同様の調整が起こると、リスク・シナリオを提示する。

さらに、ゴールドマンは、2,000ドルを超えて金が上昇する条件を挙げている。

政策の不確実性を別としても、貨幣価値低下への恐怖は、こうした危機後の環境では金価格の主要ドライバーであり続けると信じている。・・・
金の価格が2,000ドルを大きく上回るためには、インフレがFRBの2%目標を超えることが必要であり、そうなれば、政策対応は抑制されることになろう。(Reuters 1)

これは上振れの可能性を示すとともに、その先の調整を暗示するものでもある。
インフレが上昇すれば金がさらに買われるだろうが、そうなれば拡張的な金融・財政政策が巻き戻しを模索し、それが金離れを生みうるといっているわけだ。

なお、ゴールドマンは銀についても予想を上方修正した。

ゴールドマンによる銀価格予想(オンスあたり米ドル)は次の通り。

ホライズン 今回 前回
3か月 19 13.5
6か月 21 14
12か月 22 15

工業需要の多い銀では上昇要因の重点は金と異なるようだ。

経済が回復し『恐怖』による金需要は落ち着き、銀の工業需要が増大し価格が上昇すると予想している。1)


-投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。