野口悠紀雄氏:すり替わる日銀

「失墜」か「進化」か

Reutersによれば、「2013年3月の就任前の国会における所信表明で、2年で2%の物価目標が達成できない場合は辞職する考えを表明」した上で就任した経緯のある岩田規久男副総裁が、参院財政金融委員会でイールド・カーブ・コントロールについて答弁している。

「同副総裁はこれまで量の効果を強調してきたが、長期金利操作の実現可能性とともに『私の考えも進化してきた』と語った。」



純粋期待仮説という、正しくはないがバランス感覚を含んだ理論を、3年半のうちにあっさりと「進化」することで捨て去ったのである。
2年でできなければ辞任の約束も、きっと「進化」することで反故にしたのであろう。
副総裁が、かつて野にいる時、口汚く日銀を批判していたのは有名だが、あれはきっと類人猿が人間を批判していたのであろう。

長期金利ターゲットは実行可能か

さて、日銀の立ち居振る舞いは別として、そもそも長期金利はコントロール可能なのだろうか。
いくつかの条件の下に可能なのだろう。
根拠は2つ:

  • 戦中戦後のFRBが長期国債価格をペッグした先例がある。
  • 日米欧の量的緩和における長期国債買入れでは(中立金利の低下があったにせよ)多くの人が驚くほどの長期金利低下が起こった。

ただし、長期金利ターゲットがある程度可能だとしても、長引くにしたがい維持が難しくなると考えるべきだ。

  • 仮に長期金利が低下してしまうのを押し上げる場合、中立金利が低下していると考えられるから、強い金融引き締めになってしまう。
  • 仮に長期金利が上昇してしまうのを押し下げる場合、買入れの限界が問題となるし、極端な場合、金融抑圧を嫌気した資本逃避などを招きかねない。

長期金利ターゲットが長い期間持続可能と考えるべきではないだろう。
1つ言えるのは、日銀は長期金利ターゲットの実行可能性への自信が純粋期待仮説を覆すに足るまで、ウェブページの改変を急ぎ過ぎないことだ。


ページ: (1) (2)

 - 国内経済