投資 政治

財政拡大と世代別の資産配分:ジェレミー・シーゲル
2020年10月14日

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、米政治・経済の先行きを予想し、株式と債券の配分割合について解説している。


トランプは後戻りできない。・・・
何か選挙を動かすことをやらざるをえない。
両者が努力しており、(合意が)成立しつつあると考えている。

シーゲル教授がウィズダムツリーのポッドキャストで、米財政政策のゆくえを予想した。
1か月後に迫った大統領選で劣勢が伝えられる大統領にとって、追加対策の見送りは考えにくいとの読みだ。
シーゲル教授は、それが意味することも解説する。

「これはプラスだが、市場に多くの流動性を供給することになる。
小切手がさらに送られ、お金がさらに配られ、財政刺激策が拡大する。」

シーゲル教授によれば、追加財政支出は経済と株式市場にとって良いこと、債券市場にとって悪いことだという。
程度はどうあれ、教授はこうした展開をコロナ・ショック初期から予見していた。
とりわけ、債券市場について強い警告を発してきた。
40年近く続いた米国債市場の強気相場が今年終焉すると言い続け、その考えは今も変わっていない。
もちろん、株式に強気の見方も変わっていない。

シーゲル教授はこのポッドキャストで、ロング・セラー『株式投資』についての質問を受けている。
早い版の中で、資産配分は株式100%にすべきと書いていたのだ。
これは現在の推奨と背反するように聞こえる。

「私は30-40年(投資する場合)を言ったのだが、たくさんの人が短期のボラティリティを心配している。
このポッドキャストでは、旧来の(株式)60:(債券)40(のポートフォリオ)を時代遅れとし、75:25の話をしている。」

配分をどうするかは、1つには投資のホライズンによる。
それと関連して、もう1つの要因は年齢だ。

シーゲル教授は、年齢層ごとの資産配分について説明した。

  • 若い世代: 基本的に100%株式とすべき
    「現水準では債券は誰のためにもならず、若い人たちには何の機能も与えない。・・・
    若い人たちは短期のボラティリティなど気にせず、100%株式に配分し、よく分散することだ。」
  • 高齢者: 債券はいくらかヘッジになる
    「短期的にはマイナスのベータによるクッション、短期的にはボラティリティ(回避)になる。・・・
    60:40をやめて75:25にすることだ。」

シーゲル教授は株式に強気だが、大きな下落が起こる可能性も(当然ながら)ゼロではないと見ているのだろう。
高齢者にとって、その時下げが限定される債券には意味がある。
株式の場合、理論的には株価ゼロまで失いうるからだ。
ただし、教授は、超長期の投資であれば、一度下がった株価がきっと戻ってくると考えているようだ。
実際、米市場全体で見れば、経験的にこの種の予想は100%的中してきた。
一方、債券は、超長期サイクルが金利上昇に転じるなら(特に長期債で)長い長い間、劣悪なパフォーマンスが続くことになる。

投資ホライズンが長期なら、債券は悲惨な結果になるだろう。・・・
この先経済とインフレが回復すれば債券に脅威となる。
今後、極度に劣る資産クラスとなり、下位に転落するだろう。


-投資, 政治
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。