財政悪化はいつもインフレを生んできた:アラン・グリーンスパン

アラン・グリーンスパン元FRB議長が、米財政悪化への懸念を述べた。
財政悪化の及ぼすクラウディング・アウトが、米経済の生産性向上の妨げとなり、インフレを誘発するという。


極端に不均衡な状況にある。
政治的には、財政赤字とはたいしたことではない。
大事なのは、それによって起こる結果なんだ。

グリーンスパン氏がBloombergに話した。
同氏は、政界を始め多くの人が財政悪化が進む段階でリスクに無頓着なのはいつものことと言い続けてきた。
なぜなら、財政悪化は原因であって問題そのものではないからだ。
そして、問題そのものはタイム・ラグを置いて、しかし必ずやってくるという。

「政治システムが対処するのは、最終的に財政赤字がいつものとおりインフレを生んだ時になってからだ。
現在、スタグフレーションの初期に入りつつあるが、(政治の対処は)まだまだ先だ。」


心配すべき結果・問題とは言うまでもなくインフレだ。
原因である財政悪化がエスカレートしても、最後にインフレが起こるまでは政治が対処しない。
だから、政治はインフレの芽が育つのを防げないとグリーンスパン氏は言ってきた。
足元インフレの兆候も見られるようになっているとし、仮に今後景気後退入りすれば、スタグフレーションのリスクが高まるという。

米財政悪化は、トランプ政権・共和党の大規模財政政策によるものだけではない。
それがなくとも社会保障負担の増大により悪化が心配されてきた。
しかし、米政界の主流は、いずれによる財政悪化についても危機感を失っているようだ。
さらに、政府・議会に限らずインフレへの危機感は皆無に近い。
労働市場はタイトになっているのにインフレは落ち着いており、それが将来のインフレ昂進懸念を取り払っている。
しかし、労働市場がタイトであり続けるなら、それがインフレにいつまでも転嫁されないためには生産性の向上が必要なはずだ。

年金等が国内総貯蓄をクラウディング・アウトする。
国内の貯蓄は海外からの貯蓄とともに、設備投資への根本的な資金提供元だ。
そして、設備投資こそ生産性向上の基礎をなすものだ。


 - 海外経済, 政治 ,