デイビッド・ストックマン

 

米国株は4割下落、2020年代には財政危機に:デイビッド・ストックマン

レーガン政権で行政管理予算局長を務めたDavid Stockman氏が、米国株市場の4割以上の下落を予想した。
さらに2020年代には米国が深刻な財政危機に陥ると予想している。


(今の上昇を支えているのは)デイ・トレーダー、チャート・モンキー、ロボット売買だ。
合理性や合理的基礎に基づく投資分析をまったくともなっていない。
中国との交渉成立ですべてがうまくいくといった考えはお笑い草だ。

ストックマン氏がCNBCで危うい米市場の現状を警告した。
従前からの弱気予想を継続し、S&P 500にして1,600以下までの下落を予想した。
これは足元と比べて4割を超す下げだ。

ストックマン氏は、今回の景気サイクルが終わりに近づいていると分析する。
来年か再来年には景気後退入りを予想する。
株式市場もすでにピークを打ったとし、昨年9月のS&P 500指数2,940が今サイクルのピークだったという。

「これが今後長い間でのピークとなるだろう。
トランプは愚かにも株式市場を自分の手柄にしてしまったんだ。」


ストックマンは、少し前までの正統的な米保守層だ。
小さな政府、自由な通商をよしとする。
トランプ政権については以前から酷評を続けている。

ストックマン氏は景気後退・弱気相場を予想する根拠として世界経済、輸出、欧州、中国、国内統計などを挙げたが、もう1つ重大な理由がある。
社会保障制度とトランプ政権が生み出す米財政の悪化だ。
ストックマン氏は財政問題を大きなリスクと指摘し、市場も政府もこれを看過している現状を危ぶんでいる。

米国は2020年代に財政危機に陥るだろう。
ベビー・ブーマーの全体が引退し、社会保障とメディケアの負担高騰が不可避になる。
みんな不都合な現実に触れようとしないんだ。

景気がサイクルであるならば、一回転したら元に戻ってもらわなければ困る。
ストックマン氏は、景気サイクルの最高点では財政赤字はほぼゼロであるべきと主張する。
その後に起こる景気後退期に備え、財政出動の余地をなるべく多く残すためだ。

中央銀行はタガが外れ、深刻な問題を抱えている。
政府は低利の債務によって完全に安楽死させられた。
政府は景気サイクルの最高点で4兆ドルを借り、生きて帰れるふりをしているんだ。


 - 投資 ,